iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 1

見た目は変わらなくても、使用感はかなり違いそう。

iPhone 7とiPhone 7 Plus、ついに発表されました。デザイン的にはiPhone 6と同じガラスとアルミで、iPhoneの歴史上初めて、3代連続で大体同じということになります。

とはいえ、外観は同じでも、中はけっこう変わってるようです。予想してたものも多いんですが、実際触ってみないとどうなんだろうというものもあります。

デザイン

iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 2

iPhone 7の紹介は、お約束通り、ジョニー・アイブ氏が語る素敵なビデオから始まりました。新しいツヤありの仕上げとか、カメラのリデザインだとかが説明されます。

iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 3

iPhone 7の厚さは7.1mmとiPhone 6sと同じでした。


その後プレゼンしたフィル・シラー氏はまず予想通り、スペースグレーがなくなって、マットなブラックとツヤありのジェットブラックがやって来ることを発表しました。

でもみんなの日々の使用感に影響しそうなのは、ホームボタンが完全にリデザインされることです。新たなタプティック(触覚)エンジン搭載でForce Touch対応、カスタマイズできると同時に安定性も増している、とシラー氏は言っています。新機能搭載で、カスタマイズできて、しかも安定させるってなかなか難しい両立だと思われ、ほんとのところどうなのか一抹の不安がよぎります。メッセージや通知、着信などにそれぞれ独自のフィードバックがあり…ってのもいまいちモヤッとしてるんですが、このへんは買ってみないとわからないですね。

iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 4

それから長いこと待望してきたことですが、ようやくついにやっとこさ、iPhoneはトイレ・プルーフになりました。もう、トイレに落としてももう大丈夫です(衛生的に気にならなければ)。

カメラ

iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 5

毎度のことながら、iPhone 7でもカメラのアップグレードが非常に強調されています。まずiPhone 7・7 Plusともに光学手ぶれ補正機能と F1.8のレンズが搭載されています。多分暗いところの写真が今までよりずっっときれいに撮れるはずです。フラッシュも4つのLEDでより明るく、本来の色が捉えられるようになり、イメージプロセッサは25ミリ秒で1兆回の処理が可能とのこと。

またiOS 10ではついにRAW形式で保存できるようになり、前面カメラはiPhone 6sの500万画素から、700万画素になりました。

iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 6

さらにiPhone 7 Plusはデュアルカメラになっていて、ひとつは広角レンズ、もうひとつは望遠レンズ搭載です。これによって2倍の光学ズームが可能になりました。

iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 7

またこのことで、被写界深度を狭めてボケのある写真が簡単に撮れるようになります。撮影時に「ポートレートモード」を選択すると人の顔を自動認識し、いい感じに背景がボケてくれるようです。シラー氏のデモを見ると、本当に欲しい!となりました。この機能はiPhone 7 Plusに向けて、あとからソフトウェアアップデートで追加されるようです。

iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 8

ちなみに4K動画撮影のフレームレートは30FPSから60FPSになるという噂もあったんですが、これはやっぱり30FPSに据え置きだったようです。

オーディオ周り

シラー氏はまずステレオスピーカーを採用したことを伝え、次にバッドニュースを宣告しました。そう、やっぱりイヤフォンジャックがなくなって、Lightningポートにつながるイヤフォンが必要になったんです。ただ救済措置として、Lightningから従来のイヤフォンジャックへのアダプタはiPhoneに同梱してくれるそうです。

この決断について、シラー氏はかなりの力をこめて説明していました。「この変更の理由は、ひとつの言葉にたどり着きます。勇気です。」「我々のスマートフォンにはテクノロジーが詰まっていて、それらがみんなスペースを奪い合っています。古めかしいアナログコネクタを持ち続けることは、もう意味をなさなくなったんです。」

iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 9

アップルは彼らのオーディオのビジョンはワイヤレスにあると言い、そこでニュータイプのイヤフォンAirPodsの登場です。1回の充電で単体でも5時間、ケースに入れながらでは24時間の音楽再生が可能です。単に音を流すだけじゃなく、マイクを通じてSiriに話しかけ、そこからiPhoneやMacを操作することもできます。端末につなぐときは、ケースから出せば端末側ですぐ認識するので、あとは「connect」(接続)を押すだけです。

シラー氏いわく、AirPodsを実現しているのは新たな専用チップW1です。W1はAirPodsだけでなく、Beatsの新作「Beats Solo Wireless」、エクササイズ用「Powerbeats 3 Wireless」、手頃な新シリーズ「Beats X」にも搭載されています。

AirPodsは10月後半発売、価格は160ドル(約1万6000円)からとなります。残念ながら、iPhoneとは別売です。

パフォーマンス

iPhone 7、どこが変わった? 知るべきことすべて 10

シラー氏は最後に64bitのクアッドコアプロセッサ、A10 Fusionチップについて説明しました。クアッドコアのうち2コアは「ハイパフォーマンス」な処理担当で、iPhone 6sより40%、iPhone 6より2倍高速になっています。ちなみに初代iPhoneに比べると120倍速いらしいです。また新たなグラフィックスチップもiPhone 6sより50%高速です。

別の2コアは「高効率」担当で、要は軽めのアプリを処理してバッテリーライフ向上に貢献するとのこと。これによってLTEでのWebブラウジングはiPhone 7では12時間、iPhone 7 Plusでは13時間可能で、iPhone 6sより2時間ほど長くなっています。

価格・発売日

iPhone 7とiPhone 7 Plusの日本での価格は、それぞれ7万2800円と8万5800円からとなっています。ストレージは32GBからスタートして最大256GBになります。ちなみにiPhone 6sもストレージがアップグレードされ、最小が32GBになります。

予約開始は9月9日、発売は9月16日、iOSの配布開始は9月13日になります。

日本ではApple Pay&Suicaが使えるように

日本人ユーザー的にうれしいのが、iPhone 7でついにApple Payが使えるようになるということです(Apple Watch Series 2も)。あわせてApple PayがSuicaにも対応し、駅の改札やお店で今までSuicaを使っていたのと同じ感覚で使えそうです。

また9月13日リリースのiOS 10ではAppleマップの乗り換え案内機能も日本の交通機関に対応するので、通勤通学でAppleのお世話になることが一気に増えそうです。

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(福田ミホ)