絶滅寸前の種がたった一匹の絶倫カメさんの頑張りで救われる

絶滅寸前の種がたった一匹の絶倫カメさんの頑張りで救われる

ディエゴじいさんの精力、世界一。

知性や知識、際限なくあふれる想像力を持っている人、モテますよね。でもカメのディアゴはその絶倫力で伝説のカメとなりました

ディエゴさん、齢なんと100歳。エスパニョーラ・ゾウガメという珍しい種類のカメさんです。世界最古の島の一つ、ガラパゴス島にだけ生息する種類のカメです。1976年、当時ディエゴはアメリカ・サンディエゴ動物園に住んでいましたが、絶滅に瀕していたエスパニョーラ・ゾウガメの種を増やすためにガラパゴス島に送られることになりました。そこでディエゴは救世主となります。なんと絶滅寸前から800匹もの子供を作ったのです

こちらが800匹の子孫を残したガラパゴス島の英雄、ディエゴの映像。

数十年で800匹です。そして絶滅を完全になかったことにしてしまいました。ディエゴのがんばりは、あっという間にネットで話題に。「絶倫カメ(Fuck Tortoise)」なんていう名前までつけられちゃったり。

「絶倫カメを大統領に!」

「ハゲタカ<<<<絶倫カメ」

「最初の息子ができたら、自分の種を救った救世主に敬意を表してディエゴっていうミドルネームにする」

現在約2,000匹のカメがガラパゴス島に住んでいますが、そのうち40%のカメのお父さんはディエゴという結果に。ガラパゴス島では過去に5,000匹のカメが住んでいたこともあったと専門家は話しています。残念なことにガラパゴス島に生息していたカメのうち3種は、すでに絶滅してしまったとのこと。それも3種目が絶滅したのは最近のことで、たった4年前でした。でもディエゴのおかげでエスパニョーラ・ゾウガメは見事に復活です。100歳のディエゴ、男の中の男。男性の神様としてこれからも大活躍してください!

image by Brad Perkins/Flickr

Source: AFP

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(リョウコ)