ワシントン・ポスト、NSAリーク報道でピューリッツァー賞を獲ったのにスノーデンを裏切る

    ワシントン・ポスト、NSAリーク報道でピューリッツァー賞を獲ったのにスノーデンを裏切る

    ジャーナリズム的に間違いなくやっちゃいけないことなのでは…。

    エドワード・スノーデンによる米国家安全保障局(NSA)リークを報道したことで、ワシントン・ポストとガーディアンはピューリッツァー賞を共同受賞しました。

    しかし先日、ワシントン・ポスト編集委員会は、自分たちの情報源の起訴を支持する初めての新聞になりました。

    現在、活動家たちは一斉キャンペーンを立ち上げてオバマ大統領にスノーデンの恩赦を訴えている真っ最中。ワシントン・ポストの編集委員会による共同社説はそんな中で公開されました。スノーデンが犯罪者であるかどうかについて、自分たちの意見を述べる社説をこのタイミングで出すのは理にかなっています。問題なのはその内容で、どうやらスノーデンによるリークは、あるひとつを除いて公益にならなかったというのです。しかも、そのひとつは、彼らが報道したものですらありませんでした。

    ガーディアンニューヨーク・タイムズThe Interceptなどのメディア各社はどれも、スノーデンが内部告発者であり、彼の行ないは公益になったと主張しています。しかしワシントン・ポストは、NSAによる携帯電話のメタデータの収集に関するリークのみが正当だったとしているのです。

    メタデータ収集に関して、ワシントン・ポストの社説はこう主張します:

    あのプログラムは、連邦監視法の違反でなかったとしても相当にギリギリなもので、プライバシーへのリスクを抱えており、国会も大統領も、結局は修正法案という形でそれに答えた。それがスノーデンのおかげなのは間違いないだろう。

    しかし、この件を報道したのは、ワシントン・ポストとピューリッツァー賞を共同で受賞したガーディアンでした。

    社説はこの後、スノーデンの行動が正当化できない理由として、報道されたいくつかの情報を指摘するのですが、そもそもそれらを報道したのは他の誰でもない彼らだったのです。

    Google(グーグル)、Yahoo!(ヤフー)、Facebook(フェイスブック)などの大手ウェブサービスに対し、ユーザーのメールや写真、通話記録などの監視を行なうPRISMプログラム。この極秘情報の詳細を当初報道したのはワシントン・ポストです。しかし、今はその情報に対してこうコメントしています:

    問題なのは、スノーデンはそれ以上のことをしてしまったことだ。彼はNSAによるインターネットをモニタリングするプログラム、PRISMの情報を盗んで公開したが、このプログラムは明らかに合法なもので、プライバシーへの危険性もなかった(それに永久的なものでもなく、それを認可していた法律は来年失効する)。

    法律上の正当性が明らかにあり、プライバシーへの危険性もないとハッキリ言い切れるのなら、なぜ報道し、あまつさえピューリッツァー賞を受け取ったのでしょう? この徹底した自己批判能力の欠如は何なのか?

    スノーデンのリークの報道に関わったGlenn Greenwald氏が、The Interceptに今回のWPの社説をメッタ切りにした記事を書いています。彼の主張は、スノーデンのもたらした情報が公になったのが問題なら、その情報の公開を決定した彼ら自身に責任があり、スノーデンを追求するなら自分たちも罪を認めて調査を受けるべきだ、というものです。

    スノーデンは情報を新聞各社に渡した際、どの情報を公開するのかの選択を彼らに委ねました。何が報道されるべきなのか、そうでないのかを自分で正しく選択できる自信がなかったからです。ということは、ワシントン・ポストがその時点で情報に問題があると判断したのなら、それを報道しなければ良かったのです。そもそもの情報を提供したスノーデンにももちろん責任はありますが、公にしたワシントン・ポストに責任がないハズがありません。

    彼は、この社説を臆病な新聞社による責任転嫁であり、追求を逃れるために情報提供者に全ての責任をなすりつける、メディアとして類を見ない最低の行為だと断じています。しかも、彼らは問題としている情報を使って賞を受け取り、賞賛をほしいままにし、何百万というクリック数を稼いだのです。

    ジャーナリズムにとって情報源(ソース)は必要不可欠であり、それなしには私たちが知りたい多くのニュースが成り立ちません。基本、新聞社には情報源を守る暗黙の義務があります。情報を提供するだけでもリスクなのに、提供する相手が信頼できないとなれば、情報を渡す価値がありません。そういう意味で、ワシントン・ポストはある意味自殺行為に等しいことをしたといえるでしょう。

    image by Rena Schild / Shutterstock.com

    Rhett Jones - Gizmodo US[原文

    (scheme_a)