考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?

キュアップ・ラパパモフ!

魔法少女モノに欠かせない要素といえば、変身、呪文、そしてマスコット(使い魔)。アニメ「魔法つかいプリキュア!」も例に漏れず、この3つの要素を盛り込んでいます。

中でも今回注目したいのは、同作に登場し、プリキュアたちとともに悪と戦うマスコット的立場のキャラクター、モフルンです。

そもそもモフルンとは何か? この問いに対して的確な回答を持っている人はそう多くないでしょう。朝日奈みらいが持っていたぬいぐるみ? Нет(ニエット)、そういうことを聞きたいのではありません。

あれは一体どんな生き物なんだ

ということが聞きたいのです。ライオンならライオン、イルカならイルカと。モフルンよ、お前は近代の分類学上どこに属する脊椎動物なのか?と、そこが知りたいのです。

しかしちょっと待てと。そんなこと言ったってこれまでのプリキュアシリーズからしても、妖精だの精霊だのファンタジー出身のマスコットもいたし、そこは明確にならないこともあるんじゃないか?と。そうおっしゃる方もいるでしょう。否、断じて否、です。

その理由として、モフルンがもともとはぬいぐるみであったことが挙げられます。無論、これだけでは妖精のぬいぐるみである可能性も捨て切れませんが、まほプリにおいて、みらいちゃんは比較的勉強のできるキャラクターとして描かれています。

家の手伝いをし、学校の勉強もそれなりにできて、リコちゃんに「十六夜」という単語の説明もできるみらいちゃんならば、もっと生物学的に理にかなったぬいぐるみを持っていてもおかしくないのではないでしょうか?

以上の理由および動機から、今回はモフルンの生物学的正体ないし最も近縁の動物を調査してみることにしました。まずはこちらをご覧下さい。

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?2

これが今回の調査対象、モフルンです。薄茶色の体毛、四本の足、短い尾、大きめの耳。これらの特徴はイヌ、もしくはクマに類似していますが、尾の短さは一般的なイヌの特徴とは離れているように見えます。

よって、ここからはクマ科内でさらに絞り込んでいくこととしましょう。

マレーグマ

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?3

Wikipediaより

まずはマレーグマ。マレーグマは本種のみでマレーグマ属を形成します。クマ科でも最小種となるマレーグマは視覚があまり発達しておらず、その鋭い嗅覚で獲物を見つけます。このことは「甘いにおいがするモフ~」と連呼するモフルンと符号する部分であり、かつ小さいということでモフルンのモチーフとなった可能性があります。

しかし、マレーグマは基本的に全身が黒く、光沢のある毛で覆われており、モフルンのような茶色の毛並みとは類似しません。デフォルメ過程で色を変更した可能性はあるものの、やはり決め手を削ぐ要素です。次にいきましょう。

ナマケグマ

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?4

Wikipediaより

次はナマケグマです。ナマケグマの胆嚢や生殖器は媚薬になるといわれ、密猟が騒ぎになったこともあります。本作のテーマが魔法であることを思うとかなりモチーフ度の高い要素ですが、やや鼻面が長すぎるか。

アメリカグマ

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?5

Wikipediaより

非常に亜種の多いアメリカグマ。地域による個体変異が大きく、一概に特徴を決め切れません。モフルンによく似た明るい毛色のアメリカグマの写真もありましたが、果たしてこれがモフルンのモチーフなのでしょうか? モフルン is アメリカーナなんでしょうか?

ヒグマ

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?6

Wikipediaより

日本に生息する陸棲哺乳類最大種であり、クマ科最大の体長をほこるヒグマ。アイヌではヒグマをキムンカムイ(山の神)として崇めるなど呪術的なエピソードもあり、木彫り化されて全国にばらまかれるなど、マスコット的な一面にも富んでいます。

また、ヒグマ属にはハイイログマ(グリズリー)やエゾヒグマなど有名な亜種が存在しますが、中でも特にキてるなと思ったのがこちらのコディアックヒグマ(アラスカヒグマ)です。

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?7

Wikipediaより

目鼻立ちやクマ科全体で見ても比較的大きなお耳、わりとモフルンに寄っていると思いませんか? もう1つ写真を。

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?8

モフルン(43歳)って印象も受けますが、モフっとした感じはかなり出ているんじゃないかなと。先ほどのエピソードを踏まえると日本人観点でも愛着が持てそうですし、みらいちゃんが持っている可能性は十二分に、ある

ツキノワグマ

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?9

Wikipediaより

続けて、ツキノワグマです。こちらもヒグマ同様分類が多く、これといった決め手に欠けます。ツキノワグマといえば胸部の白いV字状の斑紋が大きな特徴ですが、ここで今一度モフルンの胸部をご覧下さい。

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?10

これ、白いの隠してるんじゃね?と、僕のゴーストがささやきました。もし、このピンクのリボンの下に白い斑紋があれば……それはもう確定です。月というモチーフも悪くないし、それはもう確定です。

メガネグマ

考察:最も「魔法つかいプリキュア!」のモフルンに近い動物は?11

Wikipediaより

最後はメガネグマです。毛色は黒か暗褐色で、目の周辺や喉に白や黄白色の斑紋が入ります。モフルンのおなかの白い斑紋がそれだとするならばワンチャンありますが、いっそアニメ内でメガネでもかけてくれれば正体みたりなんですけどね……。先生系エピソードが求められる。

ホッキョクグマは明らか違うとして、以上、メジャーなクマの生態をリストアップしてみました。これらの情報とモフルンの特徴を照らし合わせると、最もモフルンが近い生物は……

コディアックヒグマ

というのが僕の中での結論です。日本におけるヒグマの呪術的なエピソードと認知度に加え、モフモフっとした容姿、そしてヒグマ亜種の中でも最大というSTR極っぷり。まさにプリキュアのマスコットとして選ばれるにふさわしい逸話といえましょう。

コッペ様のようにプリキュアのピンチにかけつけるヒグマという世界線もあったかもしれません。なお、今回の検証および結論は極めて私見的なものであり、公式の設定とはまったくもっててんでこれっぽっちも関係ないことを最後に明記しておきます。

©ABC・東映アニメーション

images: 魔法つかいプリキュア! モフルン, Wikipedia1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
source: 魔法つかいプリキュア!, Wikipedia1, 2, 3, 4, 5, 6, 7

ヤマダユウス型