ムンクの「叫び」についていた白いシミの正体が明らかに

  • カテゴリー:
  • News

ムンクの名画「叫び」についていた白いシミの正体が明らかに

ムンクの叫びにこびり付いた「鳥のフン」疑惑、ここに晴れる。

ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクが描いた名画「叫び」についている白いシミの謎を、ベルギーのリサーチチームが調査の末に突き止めました。長い間、鳥のフンだといわれてきましたが、一体なんだったのでしょう?

実はムンクの「叫び」は4つのバージョンがあり、オスロ国立美術館に所蔵されている「叫び」は1番始めに描かれたものとされています。そして、その1枚が有名になったのは、叫んでいる人の肩のあたりにヘンテコな白いシミがこびり付いているからでした。この件について絵画の専門家たちは、ムンクはよく外で絵を描いていたため、空を飛んでいた鳥が落としたフンであると思い込んでいました。

ムンクの「叫び」の白いシミ 1

しかし、オスロ大学の美術管理員であるTine Froysakerさんは、鳥のフン説を信じない人のひとりでした。彼女はノルウェーの教会から鳥のフンをいくつか採取して顕微鏡で観察したところ、「叫び」に付いている白いシミの物質とは全然違うことを発見しました。

美術館の絵画管理員のThierry Fordさんも鳥のフン説に疑いを持っていたひとりでした。「鳥のフンは物を腐食させたり軟化させることでよく知られています。車を持っている人なら知っていることだと思います」Fordさんはそう語ります。そして、ムンクは壊れやすいボール紙に「叫び」を描いているため、作品を外にさらしてせっかく描いた絵を台無しにするリスクがあることはしないだろうと話しています。

それに加えて、この白いシミは絵の具の中に溶け込むことも、絵を痛めて軟化させることもなく、しっかりと絵の1番上に付いているんです。そして、白いシミそのものがちょっと剥がれたような感じも。絵の1番上に付かないと剥がれることはありません。それもあってFroysakerさんは、ムンクがアトリエで他の絵の作業をしているときに、たまたま「叫び」のキャンバスに白の絵の具などが付いてしまったと考えるほうが、鳥のフン説より説得力があるんじゃないかと考えました。

Froysakerさんは、ベルギーのアントウェルペン大学から科学者をオスロへ呼び寄せ、「MA-XRF」という名前のマイクロ・スキャナーで絵をスキャンしてもらいました。結果はというと、Froysakerさんの白い絵の具説は立証されませんでした。白の絵の具の原料は検出されず、この白いシミは絵の具ではないということが判明しました。これは鳥のフン説復活でしょうか。

ムンクの「叫び」の白いシミ 2

次に科学者たちは、白のシミからサンプルを採取してドイツ・ハンブルグにあるシンクロトロン施設にて再度分析をおこないました。シンクロトロン放射光を使った蛍光X線分光法は、古い絵画などを分析するのによく使われます。絵画の下の層に、もう1枚別の絵画が描かれているのを発見するというニュースが過去にありましたが、それにはシンクロトロンが使われました。

この方法で白いシミを構成する物質が明らかにすると同時に、チームメンバーのGeert Van der Snicktさんがオスロで採取した鳥のフンのサンプルも分析しました。Geert Van der Snicktさんは「オペラ劇場の前で完璧なフンを見つけたんだけど、観光客でいっぱいの中フンを集めるのはかなり恥ずかしかったよ」と語っています。さすが研究者魂!

ムンクの「叫び」の白いシミ 3

そして分析の結果、見事Froysakerさんの「鳥のフンではない説」が立証されました。そして、白いシミの物質の調査で、これはワックスだったということがわかりました。詳しくは、蜜ろうワックスというもので、新しいキャンバスを古いキャンバスの裏にくっつけるときによく使われるようです。

ということで説明がつきました。これはムンクがアトリエで、キャンバスに使っていたワックスが偶然「叫び」の表面についてしまい、これが白いシミの謎として語り継がれたということです。

ムンクの「叫び」の白いシミ 4

もし鳥が蜜ろうワックスを食べていて、フンをうまいこと「叫び」の上に落とした、ということなら結果は変わってくるのかもしれませんが、これはワックスとして間違いないでしょう。これにてムンクの「叫び」鳥のフン疑惑、検証終わり!

images by Norwegian National Museum, University of Antwerp

source: The Guardian

Jennifer Ouellette - Gizmodo US[原文

(リョウコ)