大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選

この、痩せた大ネズミみたいのがクジラ!?

地球の歴史上、動物たちは環境の変化に適応してさまざまにその形態を変え、あるものは繁栄し、あるものは絶滅してきました。今では可愛がられている動物がかつてはあんまり可愛くなかったり、今でも強力で恐れられている動物が昔はさらに巨大だったり、幻だと思っていた動物が実在していて、でもあんまりファンタジックないでたちじゃなかったり、といろんなパターンがあります。

たとえば上の画像は、5000万年前に存在し「原初のクジラ」と呼ばれるパキケトゥスという種ですが、4本足に長い尻尾もあって、クジラには全然見えません。体の大きさもオオカミくらいしかなかったそうです。でも米国自然史博物館によれば、このパキケトゥスの化石にはクジラ特有の構造を持つ耳骨があり、たしかにクジラの祖先と言えるようです。

CNETによれば、他にもおかしな動物たちがたくさんいるので、選り抜いてご紹介していきます。

カンガルーは跳ねなかった

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選 1

米国のブラウン大学のChristine Janis教授率いる研究チームによれば3万年以上前のカンガルーの一種「Sthenurines」は、現代のカンガルーのようにぴょんぴょん跳ねなかったみたいです。というのもSthenurinesの体はすごく大きくて、体重は550ポンド(約250kg)くらいあったんだとか。その重さや骨格の構造から、跳ぶよりも人間みたいに二足歩行するのに適していたと見られています。

アルマジロは小型車くらいのサイズだった

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選 2

硬い皮膚に覆われ、ただでさえ威圧感のあるアルマジロですが、昔はさらに恐ろしげな外観だったようです。カナダはマックマスター大学の古代DNAセンター所長、Hendrik Poinarさんらによれば、400万年前に生息していたアルマジロの前身と考えられているグリプトドンは、フォルクスワーゲン・ビートルくらいのサイズだったそうです。現代は大きいものでも体長1.5m、体重70ポンド(約30kg強)程度なので、進化の過程で随分小さくなったんですね。

ワニはバスくらいの大きさだった

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選 3

アルマジロが小型車なら、ワニはバスほどの大きさがあったようです。最近発見されたワニの祖先「マキモサウルス・レックス」の化石からは、その体長は30フィート(約9m)、体重は6000ポンド(約2.7t)もあったと推定されるみたいです。しかもその化石の年代は1億3000万年前と推定されているんですが、これは従来この種の爬虫類が大量絶滅したと考えられていた時期より後のことで、その意味でも興味深い発見になっています。

馬が犬サイズの時代もあった

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選 4

昔は生き物が大きかっただけじゃなく、今より小さかった時期や種もありました。ミシガン大学の研究チームによれば、今から5500万年前5300万年前のふたつの時期には地球が温暖化しており、あらゆる哺乳類が小型化していたそうです。たとえばウマの祖先であるヒラコテリウムは最初の温暖化で30%、2回目にはさらに約19%も小さくなったそうです。

ユニコーンは実在していた。ただし外見が…

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選 5

最近発見された化石によって、「シベリアン・ユニコーン」と呼ばれる絶滅動物は2万9000年ほど前まで実在していたことがわかりました。これまでこの種は、35万年前に絶滅したものと考えられていたんです。ただしどっちにしても、シベリアン・ユニコーンの外見は白馬に角が生えたようなものじゃなく、サイが毛深くなった感じだったようです。

子どもを凧みたいにつなぐ虫

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選 6

絶滅した動物には、現存する動物とはまったく違う機構や習性を持つものもあります。たとえばイェール大学などの研究チームが分析したAquilonifer spinosusという虫は、子どもを保護する独特の機構から「Kite Runner」(凧をあげる虫)という別名を付けられました。というのは、この虫の体からは糸のようなものが出ていて、その先に幼虫をくっつけていたんです。凧というか、人間で言えば犬を散歩させてるような感じにも見えますが、この画像の化石には幼虫が10匹もくっついていて、散歩するのもきっと大変だったことと思われます。

虫だか魚だかもわからなかった生き物

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選 7

虫の足みたいに見えるこの生き物は3億年ほど前に生息していたんですが、虫なのか魚なのか何なのか議論が分かれていて、「タリー・モンスター」と呼ばれていました。でも今年3月、イェール大学の研究チームがついに決着を着けました。鋭い歯と身体を支える硬い軸(脊索)があることから、これは脊椎動物だということになったんです。ただこのモンスターがいつ頃生まれていつ絶滅したのかなど、まだまだわからないことだらけです。

恐竜はオスかメスかわからないのが普通

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選 8

化石から多くのことがわかっているように思われる恐竜ですが、その化石がオスのものかメスのものかを判定するのは簡単ではありません。が、今年ノースカロライナ州立大学などの研究チーム妊娠中の恐竜、つまりメスの化石を発見しました。それを分析することで、恐竜から現代の鳥の産卵形態に進化していく過程の理解につながると考えられています。

***

こんな動物たちが生きて存在していたなんてと思いますが、生物が絶滅と進化をくりかえしていることを考えると、もしかしたら、何千万年の後に「昔の人間ってこんな生物だったんだよ」「ありえない」なんて言われてしまうのかもしれませんね。

source: CNET, AMNH, Brown University, Eureka Net, Chron,

University of Michigan, CNN, Yale University(1, 2), Washington Post

(福田ミホ)