サルが空気を読む能力は想定外に高度、他者の間違った思考までお察し

サルが空気を読む能力は想定外に高度、他者の間違った思考までお察し

言葉がなくても、わかってる。

人間って良くも悪くも、他人が何をどう思っているかをいつも気にしながら生きています。彼女が好きそうなものをプレゼントしようとか、お母さんに怒られたらどうしようとか。こういう、人の気持ちを理解する能力は動物にもあるらしく、飼い猫がなんとなくこっちの顔色をうかがってることとかありました。

ただ人間は、たとえば白雪姫が魔女にもらった毒リンゴを食べてしまうとき、「あれは悪い魔女だが、白雪姫はそれを知らない」ことを認識できます。つまり、他人が現実と違う認識を持っていることを理解できます。これは人間だけの高度な能力だと思われてきました。

でも京都大学などのチームによると、類人猿だって他人の間違った思考(「誤信念」)を理解できるみたいです。同大学野生動物研究センター特定助教の狩野文浩さんとデューク大学のクリストファー・クルペンイェさんたちは次のような実験をしました。チンパンジーやオランウータン、ボノボの合計数十頭に、人間と類人猿(に扮した人間)が登場する動画を見せ、チンパンジーたちの目の動きをトラッキングしたんです。

こちらの動画では、類人猿が人間と争い、目を盗んで干し草の中に入ったり、場面から消えたりしています。展開には数パターンありますが、0:35あたりから始まるパターンを見ると、類人猿は右の干し草に隠れると見せかけ、人間がいない間に出ていきます。動画の中の人間は、類人猿が右の干し草に入っていると考えたままです。そしてこのとき、動画を見ているチンパンジーの目は、右の干し草を注視していたんです。つまり、「この人間は『類人猿が右の干し草にいる』と思ってる」と認識していたらしいんです。

同様に下の動画では、類人猿が人間から石を隠してしまいます。0:50あたりから始まるパターンでは、類人猿は人間がいる間にいったん右の箱に石を隠し、人間がいなくなると箱から石を出して持ち去ってしまいます。その後出てきたとき人間は、右の箱に石があると思っています。このとき動画を見ているボノボも、右の箱の方を注視しています。

ただ、チンパンジーたちみんなが人の頭の中を正しく察しているわけではなかったようです。人間の認識に基いた場所を注視することを「正解」とすると、ひとつめの動画では40頭中30頭が正解または不正解の場所を見ていて、うち20頭が正解でした。単純計算すると、正答率3分の2ってことですね。ふたつめの動画では30頭にテストして22頭が正解または不正解の場所を見て、うち17頭が正解、正答率77%になっています。人間と同じように、察する能力には個人差(個猿差)があるってことでしょうか。

研究チームでは、類人猿の誤信念理解力を示したことで「心理学、哲学、進化学の分野で、ヒトの特殊性・優位性に対する考えを改めなければならない」としています。他人の頭の中を察してばかりいて疲れてくると「動物はいいよね」なんて思いがちだけど、そうじゃないってことです。そして動物社会にもそんなしがらみとかストレスがあるなら、人間の心の課題を解くヒントも動物から得られるのかもしれません。

そんな研究成果の意義深さもさることながら、人間と類人猿のミニドラマを類人猿に見せてアイトラッキングで反応を評価する、という手法も斬新です。というか、類人猿役の方がすっごく楽しそうなのが印象的でした。

動物たちのスゴイ能力:
「無知な自分は、どう動くべきか…」サルだって自分の知識不足を自覚して行動するらしい
タスマニアデビルの母乳が抗生物質の効かない耐性菌「スーパーバグ」の対抗手段になるかも
犬は肺がんのにおいを嗅ぐことができるのか(追記あり)
陽気な声でけなしても犬にはバレる

image by Protasov AN / shutterstock.com
source: 京都大学京都大学霊長類研究所
(福田ミホ)