Apple、15年ぶりに減収減益。iPhone売り上げ減響く

Apple、15年ぶりに減収減益。iPhone売り上げ減響く

ここが辛抱時です。

Apple(アップル)は25日(現地時間)、2016年第4四半期決算(7月〜9月)を発表しました。内容は3四半期連続となる減益減収となり、さらにiPhoneの販売台数も前年同期比で約5%減となる厳しいものでした。

まず、第4四半期の売り上げは約469億ドル(約4兆9000億円)で、前年同期比の約9%減。また純利益は約90億ドル(約9400億円)で約19%減となっています。さらに通期で見ると、2001年以来の15年ぶりとなる減益減収となりました。

製品別に見ていくと、iPhoneの売上台数は約4550万台で前年同期比の5%減。iPadの売り上げは約930万台で6%減。Macの売り上げは約490万台で14%減…と、いずれも厳しい数字となっています。ただしサービス部門だけは売り上げが約63億ドル(約6600億円)と、前年同期比で24%増となっています。

このような結果はiPhone 6sにあまりインパクトがなかったことや、Mac製品の刷新が遅れていることが理由にあげられそうです。iPadでは4月に9.7インチサイズのiPad Proなど新製品を積極的に投入しましたが、7.9インチのiPad miniのような購入しやすい価格帯の新製品が必要なのかもしれませんね。

ただし、Appleにとっていいニュースもあります。Engadgetによれば、日本でもサービスを開始した「Apple Pay」で取引される金額が500%急成長しているんです。これは2015年会計年度の取引金額の合計よりも、2016年9月の金額のほうが多かったことを意味します。

Apple Payが急成長している理由は、やはり中国やオーストラリア、カナダ、ヨーロッパなどで順次展開国を広げていることがあげられます。さらに10月には非接触決済(いわゆるおサイフケータイ)が広く浸透している日本でサービスを展開したことにより、Apple Payにはさらなる成長が見込めそうです。もしかしたら、Appleの次の成長の鍵はハードウェアよりもサービス部門が握っているのかもしれませんね。

関連記事: 絵柄はどうなる? 東京駅開業100周年記念SuicaをApple Payに登録してみた

top image by Laura Hutton / shutterstock.com
source: Apple via The Verge, RBB Today, Engadget

(塚本直樹)