「早起きは三文の得」は事実だった… 東大が長期記憶しやすい時刻を発見

「早起きは三文の得」は事実だった… 東大が長期記憶しやすい時刻を発見

勉強するなら午前中。

東京大学大学院理学系研究科のチームが、長期記憶しやすい時間帯を発見、脳内の仕組みを解明する研究を発表しました。

これまでも、1日のうちの時刻によって記憶のしやすさに違いがあるのではないかと考えられていました。しかしそれが体内時計によって制御されているのか、またどのような仕組みで記憶しやすさが変化するのかはわかっていませんでした。

そこで研究チームはマウスを用いた長期記憶テストを1日のさまざまな時刻に行ない、マウスの活動期のはじめに記憶のしやすさが最高に達することを見つけました。大学のリリースでは、人間への応用について以下のように書かれています。

ヒトでも記憶のしやすさに日内変化があることは知られており、今回の発見したメカニズムはヒトの海馬にもあてはまると考えられる。ただし、長期記憶のピークが活動期の前半だとすれば、夜行性のマウスに対して昼行性のヒトでは、長期記憶の学習効果のピークは昼の前半(午前中)にあたる。このような長期記憶の日内リズムを利用して、より効率よく学習効果を上げることが期待される。

「早起きは三文の得」は事実だった… 東大が長期記憶しやすい時刻を発見 2

この日内変化は、脳の記憶に関わる器官である海馬に存在する体内時計が司り、SCOPというタンパク質により調節されているようです。海馬におけるSCOPタンパク質の量的変化と、学習による分解が、記憶のしやすさにおいて重要であることを世界で初めて突き止めました。

同じ学習時間であっても記憶の効果を高めたり、将来的には老化による記憶障害の改善に役立てたりできる可能性があります。

早起きは三文の得。試験勉強や資格の勉強は深夜に行なうのではなく、早起きして取り組むべし!

image, source: 東京大学 大学院理学系研究科

(mayumine)