オーストラリアでは、毒ヒキガエルでツムツムする

オーストラリアでは、毒ヒキガエルでツムツムする

暇つぶし...? いや、リスクがすごすぎる!

オオヒキガエル強い毒のあるヒキガエルです。でもオーストラリア北東部には、そこら中にこいつがいるんです。それならば、と暇を持て余した人はスリル満点猛毒ヒキガエルの積み上げ遊びをしているようですよ。

もちろん、害獣とみなされているこのヒキガエルを駆除しようという人はいます。しかし、オーストラリアのウェブサイトFrogsafeでは、「棒などでオオヒキガエルを叩いたり、足をつかんで何かにぶつけたりといった行為はしないように」と呼びかけています。

そもそも、こんな毒ヒキガエルの足をつかんで投げつけるなんて、「サディスティックな時間の潰し方」としか言えない変な行為ですが、Frogsafeがそれをしないようにと呼びかけるのには、こんな理由があります。

オオヒキガエルの毒のほとんどは、耳下腺という目の後ろの高くなっている部分2か所にあります。もしカエルを叩きつけて耳下腺が破裂して毒液があなたに跳ねかかるかもしれません。

でもわざわざそう呼びかけるからには、ある程度の数の人が既にやっちゃってるんでしょうかね。

さて、クイーンズランド州のメカニックでYouTuberのswampgarageは、この毒をもつオオヒキガエルを投げつけるのではなく、逆さにして積み上げていくという遊びを考案しちゃったようです。

スリルはあるけれど、毒液が跳ねかかるリスクが減って、比較的安全⁉︎ ちなみに普通のカエルじゃだめなんですって。

この遊びがオオヒキガエルの毒の対処になるわけでもありませんし、暇とヒキガエルを持て余したらこんなツムツムをしちゃうのでしょうかね?

image by YouTube
source: YouTube via swampgarage

Bryan Menegus - Gizmodo SPLOID[原文

(abcxyz)