これは助かる。Google、オフィス向けデジタルホワイトボード「Jamboard」発表

Googleからオフィス向けの新製品、デジタルホワイトボード「Jamboard」発表

未来的なミーティングやワークショップができそうです。

Googleは、4Kで55インチのデジタルホワイトボード「Jamboard」を発表しました。価格は6,000ドル(約62万5000円)です。

グーグルのG Suite(旧「Google Apps」もしくは「Google Docs」)内のドキュメントを表示して、ハングアウトで会話しながら、ホワイトボードに表示しているドキュメントに文字や図を書き込むことができます。Google Docs、シート、スライド、さらにGoogle Driveに保存された写真も表示可能。

ホワイトボードマジック代わりの専用の2本のスタイラスに、1つの“白板消し”がセットで、このスタイラスで描いた文字や図も含めて、すべて「Jamboard」にクラウドに保存されていきます。AndroidタブレットやiPadからJamboardの共同編集に参加でき(スマートフォンからは編集できないけど、参加して見るだけなら可能)、後から他のメンバーに保存されたホワイトボードの情報を共有することが可能です。

また、Google Castにも対応しているので、大型ディスプレイとしても利用可能ですよ。

55インチの4Kディスプレイはタッチスクリーンで、WiFi搭載、他にHDカメラ、マイク、スピーカーを内蔵しています。背面にはUSBとHDMIポートがあって、ディスプレイを着脱できる車輪つきスタンドもあります。

巨大なAndroidタブレットみたいですね。類似製品としてはマイクロソフトの巨大なSurface「Surface Hub」がすでに発売されています。

2017年に発売予定で、Jamboardの公式サイトからメールアドレスなどを登録しておくと最新情報が送られてきます。

Image: Google
source: Google via Engadget

Christina Warren - Gizmodo US[原文
(mayumine)