Facebookが「ソーシャルVR」をデモ…これが未来なの?

Facebookが「ソーシャルVR」を提示…これが未来なの?

セカンドライフってありましたね…。

Facebook(フェイスブック)が開催したOculus開発者カンファレンス「Oculus Connect 3」では、楽しみなハードウェアの発表がいろいろありました。一方で同社のCEOマーク・ザッカーバーグ「ソーシャルVR」ともよべる、新たなVRの未来を提示しました。

このカンファレンスで行なわれたデモでは、プレーヤーはアバターを使って、VRのなかで友だちとおしゃべりをしたり、海底や火星、それにFacebook本社を旅行したり、さらにはセルフィーを撮ることができると紹介されました。

ソーシャルVR 1

ソーシャルVR 2

マーク・ザッカーバーグの妻、プリシラ・チャンもおしゃべりに参加し、この後セルフィーを撮影

その他にも、アバターの顔の表情が変化するのを披露したり、チェスをしたりと、さまざまなデモが行なわれたのですが…これ、本当に実用的なのかな?

ソーシャルVR 3

VRの「部屋」で映画を見ているところ image via Inverse

さらにOculus Rift上のデモでは、プレーヤーが自分の「部屋」の中でアバターになりきって友だちと遊ぶ機能なども披露されました。グループに加わって、一緒にゲームをプレイしたり、Huluを見たりすることもできます。

OculusのプロダクトマネージャーのLauren Vegter氏は、この機能について「たったワンクリックで、プレーヤーは友達とVR上でパーティーを始められます。この機能の素晴らしい点は、友だちや家族がどこにいようと楽しめる点です」と語っています。確かに(Facebookの社員はパーティー好きのようですし)。またOculusは開発者向けにAPIを提供し、開発者はこのソーシャルVRに関する開発ができるようになる予定です。

SNSサービスで大きくなったFacebookですから、Oculus Riftをこのようにコミュニケーションツールとして使おうとするのは、ごく自然な気もします。この機能の出来はまだまだで、リリース時期も発表されませんでした。が、いずれ誰もがVRヘッドセットをかぶってチャットを楽しむ日がくるのでしょうか? 僕は、正直なところ、その可能性は低いのでは…と思いますが。

source: Inverse

William Turton - Gizmodo US[原文

(塚本直樹)