ハードシンセだけで「ファイナルファンタジーVII」の「J-E-N-O-V-A」をテケテケカバー

ハードシンセだけで「ファイナルファンタジーVII」の「J-E-N-O-V-A」をテケテケカバー 1

テテテテテテテテ……。

名作RPG「ファイナルファンタジーVII」のBGMがひとつ「J-E-N-O-V-A」。劇中でも重要な要素であるジェノバの代名詞ともいえるこの曲を、ハードシンセだけでカバーしている人がいます。

演奏しているのは、コンピューターを使わないライブパフォーマンスを得意とするHicut Cakeさん。

イントロのテテテテのディレイやスネア連打など、一聴するだけでアルテマやメテオレインを思い出す再現度です。ラストダンジョン「星の体内」では通常BGMがこれになるんですよね。

メインメロディーを担っているのは、KORGのArp Odyssey。YMOのライブでも使われていた名機で2015年にKORGが復刻しましたが、さすがの分厚い音です。概要欄にはそれぞれの機材名と担当パートが記されています。

ArturiaのMicro Bruteのみでカバーした「ゴールドソーサー」のBGMもあわせてどうぞ。

関連記事
マテリアよりもマネーがモノをいう。ファイナルファンタジーVII版の「モノポリー」が発表
「ファイナルファンタジーVII」の鬱曲「星の声が聞こえる」をシンセでカバー
Volca Bassによる「ファイナルファンタジー」のプレリュード

source: YouTube1, 2

ヤマダユウス型