「浮く」シリーズ真打ち登場。浮く雲形スピーカー「Floating Cloud」

「浮く」シリーズ真打ち登場。浮く雲形スピーカー「Floating Cloud」

綿菓子みたいなデザインです。

世の中には浮く盆栽から浮くスマートウォッチの充電スタンドまであるんだから、スピーカーが浮くくらい当たり前? いえいえ、このデザインを見てください。これこそ浮くために生まれた、ふわふわの浮く雲形スピーカー「Floating Cloud」です。

Floating Cloudは、テックメーカーのCrealevと、雲形スピーカー「Smart Cloud」を開発したRichard Clarksonさんとの共同開発で作られました。

Smart Cloudにあったケーブルをなくすことで、専用スタンドの上をゆっくりと回転しながら音楽を奏でることに成功しました。これぞ「雲形スピーカー」って感じですね!

Floating Cloudを浮かせるためには、Crealevの「磁気浮上技術」が利用されており、この技術は他の浮上型プロダクトにも広く利用されています。同社のデモを見るとショールームなどで展示物を浮かせたり、ランプを上下に分割させて浮かせたり…と、さまざまな応用範囲があるようです。

Floating Cloud 光る機能

さらにFloating Cloudは、雲だけにピカピカっと雷のように光る機能も搭載。見ていても聴いていても飽きない、不思議なプロダクトです。

現時点では、残念ながらFloating Cloudの発売日や価格に関する情報は入っていません。天井から吊るすタイプのSmart Cloudは3,360ドル(約35万円)とかなり高価だったので、こちらも安くはなさそう…な予感です。

ふわふわ浮いて、雷もピカピカっと、まさに「浮く」シリーズの真打ちといった具合です。Floating Cloudの製品化に期待!

「浮く」製品シリーズ:
ラピュタはあった!? 宙に浮く盆栽「Air Bonsai」がプロジェクト開始
宙に浮く充電器「Lift」。Apple Watchが浮きながら充電されます
「浮く」シリーズ新展開。浮くスピーカーはいかが?

image by Crealev
source: Crealev via The Verge

(塚本直樹)