完全に濡れない、寒くないウエットスーツ。開発のヒントは水辺の生き物

完全に濡れない、寒くないウエットスーツ。開発のヒントは水辺の生き物

生き物の体には、不思議と驚きがいっぱいですよね。

生物は生きていくために、少しづつ進化してさまざまな環境に適応しています。例えばクジラやセイウチが流氷がプカプカ浮くぐらい冷たい海の中でも凍死しないのは、断熱してくれる分厚い脂肪のおかげ。でも、そんなに脂肪が体についてないラッコが何で冷たい海でも大丈夫なのか?それは、体を覆っている毛皮の中に空気を閉じ込めて断熱効果をつくりだしているから。そんなラッコ、カワウソやビーバーの毛皮の特徴を人間界で役立てることができないか?とMITAnette HosoiさんAlice Nastoさんなど研究者たちが注目しました。

MITの研究者たちが、そんな動物たちの毛皮を参考に開発しているのはウエットスーツ。冷たい海へ冒険へ出かける人間を守ってくれるウエットスーツは、すでにその役割を果たしてくれています。でも、現在は分厚いネオプレン素材で自分の体温を閉じ込めて保温するとという方法で、動きが制限されて動きずらいというデメリットもあるんです。一方、水族館で悠々と泳ぐカワウソを見ると、動きにくさなんて感じられないですよね。

では、カワウソやビーバーが水中でどのように暖かい空気を毛皮の中に取り込んでキープしているのか?無数のテストやシミュレーションを行い、MITのチームはダイバーがが入水するときのスピードで、効果的に空気を取り込むのに必要な毛の長さや層の密度計算する式を見つけました。

今回の研究結果から得た知識を使えば根本的に新しいタイプのウエットスーツの開発が可能とのこと。分厚いネオプレン素材の代わりに、数百万もの小さな人工毛で覆われた、薄くて断熱性と柔軟性のある生地がダイバーやサーファーの水中活動を楽にしてくれるはずです。

毛で覆われた生き物みたいに快適に冷たい海で過ごせるようにしてくれるウエットスーツは、水から上がった後に簡単に水分を振り払えるので、完全に濡れないウエットスーツでもあるんです。スーツ型水陸両用ウエットスーツ「TRUE WETSUITS」にこの素材を使えば、冬でも出勤前の朝サーフィンの夢が叶いそう。

開発者の一人Anette Hosoiさんの話によると、今、テキスタイルのデザインは実に興味深い分野になってきています。新しい製造技術とアイデアを融合させることで、今までにない生地や素材を作り出せる可能性が広がっており、特に断熱効果の高い新たな素材が数年のうちに出てくるのではないか?と予測しています。

薄くて柔軟性があって今までよりもポカポカな暖かさをキープしてくれる新素材なんて、マリンスポーツに特に興味がなかったとしても、寒がりさんなら期待してしまいますよね。まずは、この素材でできたコートのライナーと靴下が欲しいかも。

source: MIT News

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(junjun)