国内Apple Payや乗換案内に対応した「iOS 10.1」、配信開始!

国内Apple Payや乗換案内に対応した「iOS 10.1」、配信開始!

待っていた機能が一気にきた!

Apple(アップル)は25日早朝、最新OS「iOS 10.1」の配信を開始しました。同OSは国内でのApple Payや乗換案内に対応する、日本ユーザーにとって重要なアップデートです。

Apple PayはApple独自の決済サービスで、iPhone 7/iPhone 7 PlusApple Watch Series 2では非接触決済サービス、いわゆるおサイフケータイとしても利用できます。今後は「Apple Pay」「iD」「QUICPay」「Suica」のマークがある場所でピピッと支払いができると思うと、ワクワクが止まりませんね! なお、Apple Payの使える場所や登録できるクレジットカードの種類についてはこちらの使用レポートをごらんください。

そして、長らく待たれていた「国内での乗換案内」にも対応! 利用できるのはあらゆる主要な電車、地下鉄、フェリー、長距離バス、および東京、大阪、名古屋の地方路線バスで、さらに地下街の構内図や主要駅間の徒歩経路の情報も取得できます。これでいよいよ、Apple純正の地図アプリをメインとして使っていけそうです。

さらに、iOS 10.1では被写界深度エフェクトにより背景をぼかして被写体にピントを合わせる「ポートレートカメラ(Beta版)」に対応。利用するにはiPhone 7 Plusが必要ですが、お持ちの方はぜひ次世代のスマホ撮影を体験してみてください!

なお、iOS 10.1のダウンロードはiPhoneの「設定」から「一般→ソフトウェアアップデート」で可能です。また同時にApple Watch Series 2でApple Payが利用できる「watchOS 3.1」、そして「macOS 10.12.1」の配信も開始されています。スマートウォッチで改札を通る未来体験がしたい方は、ぜひこちらもダウンロードを!

関連記事: 今日からSuicaも使える! Apple Pay日本上陸で知っておきたいことすべて

source: Apple

(塚本直樹)