次期iPadに大変革? 7.9インチのminiがProになり、10.1インチモデル登場か

次期iPadに大変革? 7.9インチのminiがProになり、10.1インチモデル登場か

こりゃ大事件になりそうです。

進化を続ける9.7インチや新登場の12.9インチのiPad Proに、取り残されるiPad mini…という構図が大きく変わるかもしれません。国内サイトのMacお宝鑑定団Blog[羅針盤]によると、なんと来年春には「7.9インチiPad Pro」が誕生し、9.7インチiPad Proは10.1インチにサイズ変更されるというのです。

同サイトの伝えるところによると、7.9インチiPad ProはSmart Connectorや4スピーカーを搭載。フルサイズのiPad Proと同等の仕様になります。また12.9インチと7.9インチのiPad Proに1200万画素カメラが搭載され(10.1インチにも?)、ディスプレイやマイク性能も向上するとしています。

でも少し気がかりなのは、通常秋に発売されていた新型iPadのラインナップが春に登場することです。これについては現行モデルが2015年の秋から(9.7インチiPad Proは今年春から)アップデートされていないという事情があり、来年の春は全モデルの刷新にちょうどいい時期になるとの判断なのかもしれません。

また9.7インチiPad Proが10.1インチモデルに置き換わると、本体サイズが変わることから周辺機器の買い替えが必要になりそうです。純正のケースとかタイプカバーとか、結構高かったんですけどね…。ただ、画面サイズが大きくなれば動画もウェブサーフィンもより快適になることでしょう。

今回の変更で最も喜ぶことになるのは「小型タブレットファン」ではないでしょうか。なにせAppleは以前、iPad miniのアップデートに熱心でない時期がありましたからね…。もしiPad miniが7.9インチiPad Proとなりタイプカバーでタイピングもバリバリこなせるようになれば、また新たな使いみちが見つかりそうですよ!

source: Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]

(塚本直樹)