「iPhone 7」&「Apple Watch Series 2」特集

iPhone 7 Plusだけに許されたカメラの新機能「ポートレートモード」は時々おかしくなる

iOS 10.1へのアップデートによって、iPhone 7/7 PlusでApple PayとSuicaが使えるようになった他に、iPhone 7 Plusユーザーだけの特典、人物を撮影するときに美しい背景ボケ写真が得られる「ポートレートモード(ベータ版)」も搭載されました。

アメリカのProlostというカメラ関係の話題を取り扱うWebメディアによれば、このiPhone 7 Plusのポートレートモードは、非常に高度なソフトウェアエンジニアリングで可能になった機能だといいます。iPhone 7 Plusの背面に搭載された2つのレンズで2枚の画像を撮影、それぞれの写真からデータを処理して写真のすべてのセグメントから最適な画質を計算し、瞬時に一眼レフカメラで撮影したかのような写真を出してくれるというのがおおまかな仕組み。

このポートレートモードで、美人はより美人に、子どもの写真はより可愛く、さらにさらに料理写真はより美味しそうに、物撮りも捗るに違いない…と期待しているそこのあなた。確かにポートレートモードで撮影した写真のほとんどは素晴らしい仕上がりですが、スマートフォンに搭載されたソフトウェアの力で頑張って実現しているため、ときたま仕上がりが変になっちゃうのです。

例えば下の写真のように、多肉植物のトゲまで不自然にボケてしまったり。

さらにこの女性のポートレート写真、よーく見ると背景だけではなく、サングラスの縁と髪の毛も一緒にボケちゃってます。

試しにオフィスでスナップショットを撮影してみました。結果は何枚かはおかしな仕上がりになってしまいました。人物のポートレート写真はだいたい綺麗に撮影できるのですが…例えば下の写真は美しいボケが得られて良い感じですが、よーく見るとメガネの縁も若干ボケちゃってますね(まあこれくらいなら許容範囲です)。

1 iPhone 7 Plusだけに許されたカメラの新機能「ポートレートモード」は時々おかしくなる

撮影対象が人物ではない場合。特に反射する鏡張りの箱だった場合に、ソフトウェアは鏡の反射部分を捉えることができず、焦点を見失うようです。ポートレートモードにすると周りの反射する鏡部分までボケさせてしまいました。

2 iPhone 7 Plusだけに許されたカメラの新機能「ポートレートモード」は時々おかしくなる

サボテンのトゲといった鋭利な物体を捉えるのも苦手なようです。トゲはすっかりボケて、人間の髪の毛のようになくなってしまい、周囲にぼおっーとした滲みが出てしまうハロが出てしまいました。

3 iPhone 7 Plusだけに許されたカメラの新機能「ポートレートモード」は時々おかしくなる

でも怒ってはいけません。ポートレートモードはその名のとおり、主に人物を撮影するための機能なのです。ソフトウェア上のアルゴリズムは、まだサボテンのトゲのようなものを撮影することを想定していない(はず)なのです。

とはいいつつ次の写真でも、ディテールの処理に四苦八苦してる感じが見てわかります。ポートレートモードのおかげで、このフィギュアの女の子のお化粧が乱れてしまったかのよう。睫毛や眉毛がぼんやりしちゃって、さらに手もぼやけて、鮮明なチェックの洋服もぼんやりぼやけてしまいました。

4 iPhone 7 Plusだけに許されたカメラの新機能「ポートレートモード」は時々おかしくなる

さらにソフトウェアはテーブルの上の明るい反射部分も背景のうちのひとつと見なしたのでしょう、背景の色と頑張って同化させようとしています。iPhoneのポートレートモードは反射に弱いという良い例ですね。明るい太陽の下や水辺の近くで撮影する場合、またはメガネをかけた人を撮影する場合は要注意です。

さらに以下の写真では、赤くて細いストローにピントが合わさっているべきなのですが、背景との差別化に失敗して、部分的にぼんやり薄れてしまいました。

5 iPhone 7 Plusだけに許されたカメラの新機能「ポートレートモード」は時々おかしくなる

これらの問題は、iPhone 7Plusの決定的不具合とまではいきません(ポートレートモードに非常に大きな期待をしている人は別として)。次第にバグフィックスされ精度が良くなっていくはずです。だから(珍しく)「ベータ版」として機能を提供しているわけですしね。

少なくとも現状のポートレートモードは、一眼レフに優秀な単焦点レンズをつけて撮影したかのような鮮明な背景ボケを得るための機能ではなく、一定の条件下で人物をより綺麗に撮影するための機能です。その条件というのも、光の条件もよくて、サングラスをかけているのが好ましく、髪の毛もカチッと決めた状態が好ましいという感じでしょうか。

もしあまり人物を撮影しないのなら、今のポートレートモードに過度な期待を寄せるのはもう少し我慢しましょう。そのうちきっともっと良くなります。

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(mayumine)