躍動をそのまま音楽に。体を使って演奏する新世代楽器「KAGURA」予約受付開始

躍動をそのまま音楽に。体を使って演奏する新世代楽器「KAGURA」予約受付開始 1

まさに魔法的音楽。

生楽器でもDAWでもない、PCとカメラで演奏する新世代の楽器アプリKAGURA」が、DMM.comにて先行予約の受付を開始しました。

開発したのは株式会社しくみデザイン。「KAGURA」はインテルコーポレーション主催のIntel® Perceptual Computing Challenge 2013でグランプリを受賞したアプリで、今年夏ごろにKickstarterで資金調達に成功しました。

Depth(距離、深度)を検出するRealSense3Dカメラが動きやジェスチャーを検知し、ウィンドウに表示されたアイコンやフェーダーに触れて操作するという、インターフェイスとしては極めて直感的な仕組み。ある種の打楽器的なシンプルさを持ちつつも、つかんだりズラしたりといった複雑な挙動にも対応する体感式バーチャル打楽器とでもいいましょうか。

また、MIDI規格にも対応しているので、DAWやDJ機器をコントロールすることも可能。映画「マイノリティ・リポート」のように中空でソフトウェア音源を制御したり、複数の「KAGURA」やDAWを同期させたりもできます。

ライブパフォーマンスの新たな可能性もさることながら、体で音楽を楽しむという原始的なエキサイトは万人をワクワクさせるはず。予約は2017年2月28日までで、28日以降に配信が始まります。価格は1万4040円です。

image: YouTube1
source: YouTube1, 2, KAGURA, DMM.com

ヤマダユウス型
関連記事
世界初、アナログシンセをARインターフェースでコントロール!
叩く、擦る、押す。細かなフィーリングが伝わる電子パーカッション「aFrame」が近日発売
それではお聞き下さい、テスラコイルでアニメ「けいおん!!」のOP