アイテムを拾って戦う格闘ゲーム「ラストファイト」は懐かしのカプコン風

アイテムを拾って戦う格闘ゲーム「ラストファイト」は,懐かしのカプコン風

ドリームキャストの名作の香り

1999年にカプコンから発売された、ドリームキャスト用3Dアクションゲーム「パワーストーン」。シンプルな操作と、フィールドに落ちているアイテムを拾いながら戦うというシステムのゲームであり、世界中のファンが続編を待ち焦がれている名作の一つです。

そんな中、フランスからそのスピリットを受け継いだゲーム「LASTFIGHT」(ラストファイト)が登場しました。

これらは、LASTFIGHTの公式YouTubeチャンネルLastfightgameと、Mick Joestがアップロードした動画。

直球で「パワーストーン」にインスパイアされたゲームで、とっても楽しそう! ストーリーモードの雰囲気も、懐かしくて無性にワクワクしてきます。

キャラクターも人間だけじゃなく半魚人やロボットなど、10種類のキャラクターがいたり、格闘以外のモードがあるのもイイ。これはネット対戦ではなく、友達と同じ画面を見ながらワイワイガヤガヤ遊びたいですね。

ちなみに、今作はフランスのコミック「Lastman」が原作なのだとか(有名な「Y:The Last Man」とは無関係の作品)。このコミックは、現在アニメ化の計画も進んでいるようで、なんだかそっちも気になってきた!

「LASTFIGHT」は、PS4、Xbox OnePC(Steam)向けで現在配信中。日本語版も用意されていますよ!

source: YouTube 1, 2 via Gametyrant, Steam, LASTFIGHT, Lastman

傭兵ペンギン