ハロウィンでパパのセンスが光る! 綿とLEDを使って娘をピカっと光る雷雲に大変身

ハロウィンでパパのセンスが光る! 綿とLEDを使って娘をピカっと光る雷雲に大変身

パパ斬新~!

このカワイイ少女はゾーイちゃんパパが作ってくれた積雲姫のコスチューム似合ってますね~。ただ、ゾーイちゃん本人は積雲姫のつもりだけど…暗いところに行くと雷雲に変身!

このピカピカ光る雷雲コスチュームのカラクリはシンプルですがクリエイティブ。ゾーイちゃんの体にLEDライトストラップを巻き、その上にコットンの雲を張り付けた風船みたいに膨らむ衣装を着ているんです。

そのLEDの光のパターンはArduinoでプログラミングしてブリンクさせているそうですよ! これによって、ちゃんとピカピカっと光る雷を含んでる雰囲気がでてますよね。かなりインパクトがあるから沢山お菓子がもらえそう。

とっても可愛いし楽しそうだけど、ちょっと雲大きく作り過ぎでしたね。普通に歩けないし転んじゃったし。そのせいなのか、綿が口に入っちゃうからなのか、ゾーイちゃん、今年のハロウィン本番はワンダーウーマンのコスチューム希望だそうです。それも、パパ手作りの一味違うワンダーウーマンになるのかな?

ちなみに、ゾーイちゃんとパパは2013年のハロウィンにもLEDを使って、こんなかわいいことをしてました。

今年のハロウィンは、ここまでしなくてもいいけど、ちょっと手作りなコスチュームで楽しんでみるのもいいかもですね。

source: YouTube via Likecool

Andrew Liszewski- Gizmodo US[原文
(junjun)