Microsoftの宣戦布告!? 「Surfaceを買うならMacbookを下取りする」キャンペーンを開始

Microsoftの宣戦布告!? Surfaceを買うならMacbookを下取りするキャンペーンを開始

Surfaceにするか、MacBookにするか…。

デザインニングや機能性に大きな変化があった新型MacBook Proと、順調に性能の向上をしていく新型Surface Book。どちらを選択するのかは非常に悩ましい問題ですが、そんなあなたの背中を押すようにMicrosoft(マイクロソフト)はMac製品の下取りキャンペーンを開始しています。

これは「Surface Pro 4かSurface Bookを買う場合に限り」、Apple製ラップトップを最大650ドル(約6万8000円)で下取りするというもの。またiPadなら最大455ドル(約4万8000円)でWindowsタブレットの下取りに、iPhone 7 Plusなら580ドル(約6万1000円)でMicrosoft製品のクレジットとして下取りしてくれます。

Microsoftウェブサイト MacBook下取りのラインナップ

正直、下取り金額は悪くない感じです。特にMacBook Airのような販売金額の高くない製品なら、最大650ドルでの下取りはSurfaceへの移行を後押ししてくれるでしょう。

1日違いでどちらも新たな製品を発表したMicrosoftとApple。Microsoftの宣戦布告ともとれるこのキャンペーン...いやあ、面白いですね! キーボードを外してタブレットとして使えるSurface BookやSurface Pro 4にするか、薄さと軽さを追求しTouch Barまで搭載した新型MacBook Proにするか…。迷っちゃいますね〜。

Microsoftの「Surface Book」とAppleの「MacBook Pro」:
MacBook Proがついにアップデート!知るべきことすべて
Microsoftがよりパワーアップした第2世代「Surface Book」を発表

source: PC World

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)