Microsoftがよりパワーアップした第2世代「Surface Book」を発表。来月にも発売開始!

Microsoftがよりパワーアップした第2世代「Surface Book」を発表

究極のWindowsノートPCとなれるか…。

ハイスペックな高性能マシンながら、ディスプレイを取り外すとタブレットのようにも使え、独特のヒンジ構造でこだわりを見せた、ハイブリッドなMicrosoftの「Surface Book」。 発売から1年を迎え、さらにパワーアップした第2世代の最新モデルが姿を現わしましたよ。

Microsoft 新型Surface Book バッテリー性能30%向上

まずはモバイル製品の命ともいえるバッテリー性能から。なんと新Surface Bookは、フル充電から最長16時間の連続使用が可能となっています! これだけもてば、外出先でバッテリーゼロとなってしまう危険性は、限りなく低くなるでしょう。初代Surface Bookよりも、バッテリー寿命は30%向上したとされていますよ。

Microsoft 新型Surface Book GPU性能2倍に

ノートPCとしてはうれしい、独立したGPUの搭載が特徴的なSurface Book。新たにNVIDIA製の「GeForce GTX 965M」が採用され、グラフィックス性能は、一気に初代Surface Bookから2倍のレベルにまで向上しました。あくまでもMicrosoftの公称ではありますが、Appleの13インチモデルの「MacBook Pro」と比較しても、3倍のグラフィックス性能を備えるんだとか。比較対象とされたMacBook Proは今夜のAppleイベントで大きな刷新がうわさされていますし、こうなるとこちらも気になるところ。

ただし、華々しい新スペックの発表も、ここまで止まり。期待されたCPUの新調までは行なわれず、IntelのSkylake世代Core i7プロセッサーのままのようです。CPUも最新のKaby Lake世代にまでスペックアップしてほしかったところですよね。

なお、究極のハイスペックを追求したSurface Bookは、その高い販売価格が話題となりました。新Surface Bookも、最小構成モデル2,399ドルという予約価格がアナウンスされていますよ。来月中に出荷が開始されるようです。

しかしながら、ここで喜ばしい発表として、新Surface Bookの登場に伴い、初代Surface Book大幅値下げになるとのこと。「初代Surface Bookでも十分です」というユーザーにとっては、狙い目な在庫処分セールとなりそうですかね…。

source: Microsoft

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)