使い心地が気になる…。Surfaceのキーボードとマウスの画像が流出か

使い心地が気になる…。Surfaceのキーボードとマウスの画像が流出か

やっぱり高品質なのかな?

Microsoft(マイクロソフト)のキーボードやマウスといえば昔から品質と使い心地に定評がありましたが、その流れがSurfaceブランドにもきそうです。新たに公開されたFCC(連邦通信委員会)の資料から、Surfaceブランドとなるマウスやキーボードの画像が次々と発見されました。

まず上の画像が「Surface Mouse」とされる画像です。形状は現行製品のDesigner Bluetooth Mouseに似ている一方、カラーリングはSurfaceブランドらしいシルバーとなっています。またWindows CentralによればPCとの通信にはBluetoothを利用し、単4乾電池2本で12ヵ月稼働することができるそうです。

使い心地が気になる…。Surfaceのキーボードとマウスの画像が流出か 1

こちらは「Surface Keyboard」とされる画像です。シンプルなカラーリングとソリッドな質感が、なんともカッコイイですね。ちょっと、Apple(アップル)製のキーボードに似てるかも?

こちらのキーボードは単3乾電池で12ヵ月動作し、PCだけでなくMacやiOS、Androidにも対応。さらにMicrosoftはシンプルなキーボード以外にも、人間工学に基づいたキーボードを計画しているとうわさされています。

使い心地が気になる…。Surfaceのキーボードとマウスの画像が流出か 2

特許から判明した、Surfaceブランドの一体型PCのイメージ画像

Surface Mouseの予想価格は29.95ドル(約3,100円)、Surface Keyboardの価格は不明です。またMicrosoftは現在「Surfaceブランドの一体型PC」を近日発表するとうわさされており、これらの周辺機器もそれと同時の今週〜今月中の発表が予想されます。

このままSurfaceブランドがMacに対抗できるくらい、一体型PCからラップトップまでラインナップが増えるといいんですけどね〜。今後に期待しましょう!

source: Windows Central 1, 2

(塚本直樹)