つわりに苦しむ女性、流産の危険が下がると判明か

わりに苦しむ女性、流産の危険が下がると判明か

このつらい期間にも意味がある?

妊娠経験のある女性にしか、その本当のつらさはわからないともいわれる、ひどいつわりの症状。実は古くから、つわりと流産の回避率には深い関連性があるとも指摘されてきましたが、それを科学的に証明することは困難と考えられてきました。

ところが、このほど医学ジャーナルのJAMA Internal Medicineに掲載された論文によると、つわりがひどい女性ほど、流産をする危険性が下がるとするデータが判明。もちろん、つわりがないからといって、流産の危険が増すというわけではないものの、ひどいつわりにも、妊娠期にプラス面となる好影響があるとの見解が公表されています。

National Institute of Child Health and Human Development(NICHD)の研究者チームは、米国内の797名の妊婦を対象に、アスピリンが妊娠期におよぼす影響を調査した「Effects of Aspirin in Gestation and Reproduction」レポートのデータを徹底解析しました。全女性の妊娠初期からの詳細なつわりに関する記録と、流産の確率を比較したのです。

一般的には流産が生じて初めて、その前に経験したつわりの症状を、さかのぼって尋ねるケースが多かったのです。でも同調査レポートは、妊娠初期から週ごとに症状を詳細に記録してあったことが、貴重な分析結果につながっているとされています。

全調査対象者のうち、妊娠2か月の時点で、頻繁に吐き気やむかつきを覚えた女性は57%。一方、単に吐き気に悩まされるのみならず、実際に嘔吐も伴う、ひどいつわりに苦しんだ女性は27%となりました。しかしながら、このつわりがひどかったグループの女性が流産にいたる確率は、同時期になんのつわりの症状もなかったグループの女性が流産をする割合と比べて、50〜75%も低くなったことが明らかにされています。過去に流産経験がある女性でも、初めての出産となる女性でも、つわりがひどかったグループほど流産の危険性が下がっていることに変わりはなかったんだとか。

あくまでも今回の分析結果は、別の目的の調査レポートから導き出されたものであり、これからさらなる詳細な調査も進められていく方針です。とはいえ、長らくとされてきたつわりの神秘が、少し明かされた形でもあるでしょうか…。

image by Sasha Wolff

source: JAMA Internal Medicine

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)