「無知な自分は、どう動くべきか…」サルだって自分の知識不足を自覚して行動するらしい

無知な自分は、どう動くべきか…」サルだって自分の知識不足を自覚して行動するらしい

サル思う、ゆえにサルあり?

人間は思考するから、動物とは違う…と、哲学者・デカルトは言ったそうです。特に、自分の思考とか認識を客観視できる「メタ認知能力」は人間特有のものだと考えられてきました。でも動物だって、自分を客観視してることが新たな実験で明らかになりました。

Scientific Americanによれば、ハーバード大学のAlexandra Rosatiさんとイェール大学のLaurie Santosさんは、V字型に置いた2本の筒のうち1本だけ奥に餌を置き、30匹のアカゲザル1匹ずつにそれを探させました。アカゲザルたちは餌のありかを知りませんが、どこかに隠れていることだけは知っている状態です。

もし人間が同じ状況に置かれて、効率良く行動しようとするなら、2本の筒の中をいっぺんにのぞけるV字の角に移動して、どっちに餌があるかを確認するはずです。果たしてサルはどう動いたかというと、30匹中27匹も、その効率良い行動を選んだんです。つまり、まず自分が餌のありかを知らないことを自覚し、次に情報を得るためにどう行動すべきか検討し、そして実行したということです。

でも、「ネコが狭いところに入りたがるみたいに、V字の角がサルにとって魅力を放っていたのでは?」という反論があるかもしれません。そこで実験では、V字状の筒に餌が隠される様子を見て餌のありかを知っているグループでも同じことを試していました。結果、V字の角に行ったサルの数は30匹中13匹だけでした。

また、「サルはなんとなく実験環境の真ん中あたりに行っただけでは?」と思われるかもしれませんが、Rosatiさんたちはそれを反証する実験もしていました。筒2本じゃなく1本だけ使って同じように餌を置いたんですが、その場合真ん中に行ったのは全体の3分の1以下しかいませんでした。

つまり、最初にあげた実験で餌のありかを知らないサルたちがV字の角に向かった理由は、サルがそういう場所を好む習性があるとかじゃなくて、情報を得るためだったと考えるのが自然なんです。しかもサルたちが行動するまでには数秒の間があり、その間にどう行動すべきかを考えていたと解釈できるんです。

この研究について、類人猿のメタ認知能力を研究するジョージア州立大学のMichael Beran准教授はScientific Americanで「半野生のサルにもこのようなことが言えると示すことで、一部の動物がメタ認知能力を持ちうるという確信が強まる」と語っています。

というわけで、人間が旅行先で食事場所を探したりするとき、にまずスマートフォンで検索したり、ガイドブックを見たりするのと同じようにサルも自分の無知を自覚し、情報収集するみたいです。もしかしたらサルだって、ときどき自分が本当に存在してるのかどうか疑わしくなって「いやいや、こうして考えてるオレはいるじゃないかここに」って自分に言い聞かせることがあるのかもしれません。なんか哲学的な顔のサルとかイヌとかネコとか、いますからね〜。

意外とすごい能力を持っていた動物たち:
陽気な声でけなしても犬にはバレる
ナマケモノ、実は省エネの大天才?
クラゲからモーツァルトまで、さまざまな動物の知能の高さ

image by muhamad mizan bin ngateni / shutterstock.com
source: Scientific American
(福田ミホ)