スリップノットのピエロが監督する不死身刑事映画「オフィサー・ダウン」予告編

スリップノットのピエロが監督する不死身刑事映画「オフィサー・ダウン」予告編 1

ロック界には多才な人物が多いようです。

映画を監督するヘヴィ・ロックのミュージシャンというとロブ・ゾンビが思い出されますが、スリップノットパーカッションを叩くピエロこと、ショーン・クラハンが映画に進出しました。

クラハンがメガホンを取るのは、グラフィック・ノベルが原作の不死身刑事映画「オフィサー・ダウン」。予告編を見ただけで、早くもカルト映画になりそうな予感が漂います。

Metal InjectionよりJoBlo Movie Trailersの動画でした。

マガジンを装填できるダブル・バレルのリボルバー銃を携え、何度も死んでは生き返るバイオレンス警察官を描いた作品です。

なんだかロボじゃない「ロボコップ」のようでもあり、はたまた「ゾンビコップ」を思い起こさせますが……尼僧たちとの銃撃戦に、カンフーなどの派手なアクションもあり、大いに楽しめそうです。

主人公を演じるのは「バイオハザードIV アフターライフ」や「AVA エイリアンVS.エイリアン インベージョン」などに出演した俳優のキム・コーツ

そして原作は、コミック・ブックで「ウルヴァリン」や「アベンジャーズ」、「スーパーマン」に「バットマン」などを描いたジョー・ケイシーと、同じくコミック界でDCやマーベルでイラストを数多く手掛けたクリス・バーナムです。

スリップノットのピエロが監督する不死身刑事映画「オフィサー・ダウン」予告編 2

本作のプロデューサーだからでしょうが、「アドレナリン」や「ゴーストライダー2」のマーク・ネヴェルダイン監督が、どのDC&マーベル映画よりも良いものになるであろうとお墨付きを与えたほどの出来だとか。そして、スリップノットのボーカル、コリィ・テイラーもカメオ出演するようです。

エンターテインメント業界で活躍する、さまざまな人間が結集した「オフィサー・ダウン」。スリップノット好きのハリウッド女優マーゴット・ロビーもきっと見に行く一作でしょう。

source: YouTube1, 2 via ThePRP via Metal Injection

岡本玄介