これ、ちょっとカッコいいかも...! ピンチの時以外でも使いたくなるマルチツール「Center-Drive」

ピンチの時以外でも使いたくなるマルチツール「Center-Drive」

これで工具箱がちょっとスッキリするかも?

多芸は無芸」という言葉は、もしかしたらマルチツールのためにあるのかも知れません。ピンチの時には役立ちますが、案外使えるシーンは少ないし、マルチ=理想的なツールとはいいがたい気がします。しかし、Gerberはそんな状況を変えようとしており、新しいマルチツール「Center-Drive」は使いやすさを重点に置いてリデザインされています。

バネ仕掛けのペンチ、競合製品より30%長いナイフ、片手で開ける仕様などは素晴らしい改良ですが、目新しくはありません。

Center-Driveがユニークなのは、Gerberによって再設計されたスクリュードライバーなんです。一般的なビットやアダプターを使えるだけでなく、ドライバーを開くと先端がツールの中心に来るようになっているため回しやすくなっています。マルチツールというよりは本物のドライバーを手に持っているような感じですね。

こちらの動画は、Gerber GearのYouTubeチャンネルからの動画です。

Center-Driveは北米で11月1日から発売され、価格は89ドル(約9,200円)だそうです。

これひとつで作業場全ての工具をまかなえるか?と言われれば、それはさすがに無理ですが、車のグローブボックスに入れておけば、突然の故障のときに持っていて良かったと思えるでしょう。

あるいは週末のキャンプで森に向かうなら、重い工具箱より圧倒的に手軽なチョイスとなるかも知れません。

source: Gerber via Gear Patrol

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(scheme_a)