今年も魅せたるで! NASAのハロウィンかぼちゃコンテスト

NASAの本気!

毎年、ハロウィンになると行なわれるNASAジェット推進研究所(JPL)のカボチャくり抜きコンテスト。NASAに所属するエンジニアたちが作っただけあって、展示されたジャック・オー・ランタンはどれも独創的かつそれを実現できる高い技術力の結晶です。

JPLがFlickrに高画質な動画をアップしていますし、出品された作品は全部Twitterでチェックできますよ。

コンテストの中でも際立っていたジャック・オー・ランタンを見てみましょう。

「一番、使えない子」

自分でスイッチを戻しちゃいますからね。

「マーズ・サンプル・リターン・ミッション」

我々はサンプルを採集される側だったのか…。

「スウィングカルーセル」

遊園地にあるアトラクションに変身。ポップな色使いです。

「政治的なコメンタリー」

お2人ともよく似ています。

「パックマン」

セットが大がかり!

「暗黒面」

思わず「フォースを感じる」と言ってしまった人ー?

「最後にとっておきの僕のグループの作品。火星ヘリコプター、レオナルド」

…浮いてる!

ちなみにJPLは今年で80周年。おめでとうございます。宇宙に遊びに、これからも全力で突っ走ってください。

ハロウィン関連記事:
綿とLEDを使ったピカっと光る雷雲コスチューム
ハロウィン向けのドローンの使い方
MIT発、どんな建物も呪いにかける画像アルゴリズム

source: JPL - Flickr, JPL - Twitter

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(たもり)