太陽系のはしっこに、謎の赤い天体があるようです

太陽系のはしっこに、謎の赤い天体があるようです

探査機ニューホライズンズが、冥王星の次に目指すもの。

2015年に冥王星上空を飛んだNASAの探査機ニューホライズンズは、冥王星も含めた太陽系の端のほうにあるいろんな天体、「太陽系外縁天体」の観測を目的としています。そしてニューホライズンズは今、海王星の外側の天体の密集するカイパーベルトにある「MU69」という天体を目指しています。

最新のハッブル宇宙望遠鏡での観測で、初めてMU69の色がわかったのです。先日アメリカ天文学会の惑星科学部会で、表面が強い赤みを帯びていることが発表されました。さらにそれが、去年ニューホライズンズが見つけた冥王星の斑点よりも赤いかもしれないとのことです。

その赤っぽい色は、冥王星とその衛星カロンがそうであるように、地表にソリンがあることを示しています。ソリンとは、メタンやエタンといった有機化合物に紫外線があたることでできる物質です。ソリンは地球上には自然の状態では存在しませんが、太陽系の外縁では珍しくありません。ちなみにMU69は、カイパーベルト天体の中で色が測定された天体としては最小になります。

1 太陽系のはしっこに、謎の赤い天体があるようです

MU69大きさ比較。球体がMU69のイメージ、その右下がチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。米国ボストンの近く、「ケープコッド湾にすっぽり入るくらい」っていうローカルな説明。(Image: New Horizons/NASA)

MU69の直径はおよそ20〜30マイル(約30〜45km)で、冥王星の16億マイル(約26億km)奥にあります。2019年1月1日にニューホライズンズがMU69の近くを通過するとき、その位置は地球と比べて太陽から43.3倍離れたところになります。そして、冥王星の近くを通ったときよりもさらに近くの上空を飛んでいくことになりそうです。

2 太陽系のはしっこに、謎の赤い天体があるようです

ニューホライズンズが飛んだ軌跡と、冥王星(Pluto)とMU69それぞれの軌道。(Image: NASA/Johns Hopkins)

ニューホライズンズがこれからさらに遠くに行くにつれ、ミッションはますますスタートレック風に、不思議な出会いをはらんでいくことでしょう。2019年1月1日、MU69に最接近するときはどんなものを見せてくれるんでしょうか。

宇宙の発見:
惑星セレスの光る点は秘密基地の入り口じゃなくて塩だった
遠い星の光が宇宙人の巨大構造物に遮られる確率を論考巨大構造物の謎があらぬ方向に急展開
これは今世紀最大の発見だ。地球そっくりな星、見つかる「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上
「宇宙人」が暮らしている? ケプラー望遠鏡より厳選、地球に似ている惑星20個

source: NASA

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)