新旧MacBook Pro、薄さ・重さはこんなに違います

順当進化です。

新型MacBook ProはTouch Barが追加されただけではありません。そのサイズ感にも大きな変更があります。現行シリーズと旧シリーズ、そしてMacBook Airと比較してみました。まず結果からドン。

新旧MacBook Pro、薄さ・重さはこんなに違います 1

最初に気になるポイントとして、薄さがあります。前MacBook ProはどちらもほんのちょっぴりだけAirよりも高さがあったのですが、今回はなんと逆転しました。

新旧MacBook Pro、薄さ・重さはこんなに違います 2

最厚部で比較したら、AirよりProの方が薄いなんて、オーマイガッ。

重量も大きくシェイプアップされ、新型MacBook Proは旧モデルに比べて210g軽くなっていますね。わずか210gと捉えるか、210gも!と捉えるかは人によって変わってくると思いますが、13インチ新型MacBook ProとAirとの重量差が20gしかないことを考えると、すごくないですか?

新旧MacBook Pro、薄さ・重さはこんなに違います 3

こちらが13インチAirとの比較です。全体的にひと回り小さいのは以前もそうでしたが、このサイズでほぼ同じ重さです

さて、ではその210gをどこで減らしたか?というところですよね。新モデルでは、キーボードがバタフライタッチ式へと変更されたのもあると思いますが、同時に搭載バッテリーサイズにも違いが見られました。

新旧MacBook Pro、薄さ・重さはこんなに違います 4

旧型の13インチMacBook Proのバッテリーサイズが74.9Whなのに対し、新型の13インチ MacBook ProのTouch Barモデルでは49.2Wh(ファンクションキーモデルは54.5Wh)と、大幅に減っています。同じく15インチモデルも99.5Wh→76.0Whと大幅減。

しかし、どちらも稼働時間はほぼ同じ。旧型MacBook Pro13インチのiTunesムービー再生だけ12時間と多めですけど、13インチ版に関しては同じ程度の稼働時間を期待できそうです。15インチモデルに関しては、稼働時間が1時間ほど伸びていますしね。プロセッサやシステム全体の省電力化の成果だと言えますね!

いやぁ、薄くなったし軽くなったし、ほんといいバランスです。

sauce: Apple
(小暮ひさのり)