星空写真がもっと綺麗に。Nikon D5500に巨大な冷却ユニットがついたモデル「D5500a Cooled」(追記あり)

Nikon D5500専用。星空写真が綺麗にとれるアタッチメント「D5500a Cooled」

満点の星空を長時間露光して撮影された写真は、感動的な美しさ。

時に肉眼ではとらえることのできない星々までカメラに写すことができる天体写真撮影は、ボディ選びにレンズ選びに撮影方法と一筋縄では行きません。特に天体写真は長時間露光で撮影するので、カメラのセンサーを長時間稼働させることになります。そのためセンサーがどんどん熱が帯び、電子的なノイズが入ってしまうんですよね。

そこでイタリアの天体観測機器メーカーPrimaLuceLabは、Nikon D5500をベースに冷却ユニットを搭載したカメラ「D5500a Cooled」をリリースしました。

カメラの2倍はあろうかという、巨大なボックスが背面に取り付けられたD5500を使う理由はただひとつ。一眼レフカメラのセンサーを(最高でも)27℃までに抑えて一定の温度に保ち、ノイズを抑えるため。(外気温-27℃までなら)どんなに長い時間シャッターを開けていても、センサーの温度は一定に保たれ、熱くなることはありません。

比較画像

上の画像が「D5500a Cooled」を使った場合と、使わなかった場合の比較画像。Nikon D5500は数あるニコンの一眼レフカメラの中でもエントリーモデルですが、ここまでセンサー性能を引き上げてくれるようです。

D5500a Cooled 冷却ユニット

ただしこの「D5500a Cooled」の使用は、その代償もさまざま。

1. 背面のバリアングルのタッチスクリーンを開いた状態にしなくてはいけない
2. 三脚は必須なので荷物が増える(ただでさえ「D5500a Cooled」が巨大なのに)。
3. 通常のバッテリーも熱の元となってしまうため普通のカメラバッテリーは使えない。バッテリースロットに専用アダプタを挿入して電源を供給する。

Nikonの一眼レフユーザーで天体写真を撮りたい人は検討の価値ありですね。ただしお値段は2190ユーロ(約25万円)

追記(24日12:00): カメラのセンサーを「27℃までに抑える」とありましたが、誤りでした。正しくは「外気温-27℃の環境下までなら(センサーの温度を)一定に保つ」ことができます。お詫びして訂正いたします。

Nikonカメラ:
軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー
ついにニコンが。前後のカメラで360度を4K撮影可能なアクションカメラ
ニコンプレミアムコンパクト「DL」シリーズを独占ハンズオン

image by PrimaLuceLab
source: PrimaLuceLab, PetaPixel

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(mayumine)