バリアント・コミックスの英国忍者「ニンジャック」の実写版予告編

バリアント・コミックスの英国忍者「ニンジャック」の実写版予告編 1

紅茶と忍術をたしなむ男!

マーベルやDCとはひと味違う独自のスーパーヒーローの世界を展開して、コアなファンから熱い支持を得ているアメコミ出版社「バリアント・コミックス」(正式名称:バリアント・エンターテイメント)が、英国忍者「ニンジャック」を主人公とする連続実写ウェブ・シリーズ「ニンジャック vs ザ・バリアント・ユニバース」の予告編を公開しました。

こちらはBat in The Sunがアップロードした動画。

今回の実写ウェブ・シリーズは、ニンジャックがバリアントの人気キャラクターたちと対決していくというもの。製作をしているのは、様々なコミック作品のファンメイド動画を手がけてきた製作会社のBat in the Sunです。

バリアント・コミックスの英国忍者「ニンジャック」の実写版予告編 2

ニンジャック(Ninjak、Ninja-K)」とは英国人コリン・キングが使うコードネーム。彼は不死の僧侶から学んだ武術と、手裏剣や超高周波刀などのハイテク・ガジェットを武器に戦う英国最高のスパイです。

正義のヒーローというわけではなく、MI-6などに雇われるフリーランスのスパイで、他のヒーローと戦う事もあれば、スーパーヒーローで結成されたチーム「ユニティ」の一員になったりもする男。

裕福な家庭で厳しく容赦ない執事によって育てられた彼は、幼いころに見た日本の時代劇と両親の暗い秘密がきっかけとなりスパイとなるという、ジェームズ・ボンドとバットマンがミックスして忍者になったようなキャラクターです。

ちなみに実写版でニンジャックを演じているのは、DCコミックス原作の人気ドラマ「アロー」で、凄腕暗殺者デッドショットを演じたマイケル・ロウ。マスクが似合ってて超カッコいい! クールでちょっとムカつくニンジャックのイメージにピッタリです。

バリアント・コミックスの英国忍者「ニンジャック」の実写版予告編 3

今回はそんなニンジャックの前に、軍のナノマシンの実験で不滅の身体を手に入れた男「ブラッドショット」や、不老不死の肉体を手に入れたシュメール人の戦士兼飲んだくれの「アームストロング」といったキャラクターが現れて、戦うことになるといった展開のようです。

まだまだマイナーな部類のバリアント・コミックスですが、中国資本と提携し、ブラッドショットと超能力少年チームを描くコミック「ハービンジャー」の映画化が決まっているなど、今非常に盛り上がってきている会社でもあります。もしかすると、今回のシリーズは映画とつながりがあったりするのかも……?

バリアント・コミックスの英国忍者「ニンジャック」の実写版予告編 4

「ニンジャック」が出てくるコミックは今のところ邦訳がありません。もし読み始めるのであれば、その生い立ちから語られていく第1巻「Ninjak Vol. 1: Weaponeer」から読み始めるのをオススメします。邦訳が出ているものでは、バリアントの同じ世界観を舞台にしたポンコツ兄弟ヒーローの活躍(?)と家族愛を描くコメディ作品「クアンタム&ウッディ」の他、コミックサイトのコミコで、タイムトラベルSFタイムウォーカー」の邦訳版が無料で読めるようになっています。

今回紹介した「Ninjak Vs The Valiant Universe」は、2017年内にスタート予定。これからマーベルやDCに肩を並べる盛り上がりを見せるかもしれないので、アメコミファンのみなさんは、バリアントの世界もチェックしてみてはいかがでしょうか。

image by Comic Vine 1, 2
source: YouTube, Comixology, コミコ

傭兵ペンギン