「PlayStation VR」特集

PlayStation VRのプレイに必要なスペースなどの詳細が公開 1

2016年8月2日の記事を再掲載しています。

部屋の準備を始めましょう。

10月13日(木)に4万4980円(希望小売価格)で発売されるPlayStation VRの対象年齢やプレイに必要なスペースなどの詳細が、PlayStation Asiaに公開されています。

対象年齢は12歳以上で、PlayStation VRを遊ぶのに必要な他の機器は「PlayStation 4」と「PlayStation Camera」。ゲームによってはモーションコントローラーの「PlayStation Move」が必要です。なお、眼鏡を着用してのプレイもできます。

ヘッドセットを着用していない人も「ソーシャル・スクリーン」機能により、テレビからゲーム画面を楽しめます。「ソーシャル・スクリーン」には「ミラーリング・モード」と「セパレート・モード」があり、ミラーリング・モードではVRヘッドセットに映される映像がモニターにも同時に映り、「セパレート・モード」ではVRをつけている人とテレビを見ている人で一緒にCO-OP、もしくは対戦ができるとのことです。

サイトに掲載されている図によると、遊ぶ際に必要なスペースは、PlayStation Cameraの認識範囲の中でもカメラの正面から3mの範囲内。気になる最低距離は、PlayStation Cameraから0.6mとなっています。

また、プレイする際には着席することが推奨されている他、3D VRグラフィックやヘッドセットの着用は個人によって感じ方が異なるので、「購入前にぜひ試してください」と記されているのが興味深いです。

さらに、PS VRではゲームを遊ぶ以外にも、バーチャル空間などが堪能できる「シネマティック・モード」や、360度写真や動画なども楽しめるとのこと。

PS VR体験会でもワクワクしましたが、プレイに必要な空間、PS Cameraからの距離感が分かったことで、10月の発売に向けて心の準備だけならず、お部屋の準備にも取りかかれそうです。

さらに、ローンチタイトルとして「Driveclub VR」が10月13日(木)に発売されることも明らかになりました。

こちらはGameTyrantに掲載された、MikeMの動画。VRでコックピット視点を楽しめるので、臨場感のあるドライブ体験ができそうです。

© 2016 Sony Interactive Entertainment Inc.

image by Playstation Asia
source: Playstation Asia, YouTube via GameTyrant

abcxyz