「PlayStation VR」特集

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 1

さらなる高みへ…。

10月13日(木)に発売されたソニーのVRヘッドセット「PlayStation VR(以下、PS VR)」。ギズモード・ジャパンでは、発売当日からアンボックスゲーマー(編集長)非ゲーマーによるコンテンツの体験など、その面白さをお伝えしてきました。それはそれはもうサマーな体験だったのですが、もっともっと楽しむためにはさらなる没入の高みを目指したいところ。簡単に言うと、最高に没入するための最高の環境を用意したいんです。

実は、ソニーは公式でPS VRをプレイする時に必要なスペースを発表しています(以下の画像参照)。

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 2

なんといっても公式なので、これこそが最高に没入するための最高の環境のはず。我々ギズモード・ジャパンは来るべき仮想現実至上主義時代への完全対応を図るべく、この推奨スペースを実際に作ってみました。

最高の没入のための最高の環境を作る!

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 3

使うのは、6人掛けのソファー、イス2脚、テーブル1台が置いてあるこちらのスペースです。

推奨スペースを参考に、PlayStation Cameraが起点になると考えて、縦幅3m、横幅1.9mの距離を測っていきます。

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 4

できました。白い線の内側がちょうど3m × 1.9mのスペースです。左側の木の柵がある方を正面(PlayStation Cameraを設置する場所)とします。

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 5

結構広いぞ!

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 6

テレビ台を配置し、そこへディスプレイ、PS4、PS VRのプロセッサーを置きます。

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 7

なお、起点となるPlayStation Cameraを取り付けたディスプレイが推奨スペースの白い線と重なるようにするため、台は線から少しはみ出ています。

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 8

正面からみるとこんな感じ。台の手前にある線は、PS VRをプレイする時の最短距離。PlayStation Cameraから縦幅60cm、横幅70cmです。この距離なら家でもできそうですね!

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 9

それでは、PS VRのセッティングをします。ちなみに、PS VRの箱が置いてある椅子は、PS VRをプレイする時の位置。ソニーの公開した推奨スペースには正確な位置は表記されていませんが、画像と照らし合わせてPlayStation Cameraから1.8m - 2.0mの位置に置きました。

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 10

でました! いよっ、PS VR!

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 11

イス側から見ると、PlayStation Cameraまでの距離はこんな感じ。あとはPS VRをかぶるだけ……。

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 12

完成しました! これこそが、PS VRで最高に没入するための最高の環境です。

こちらは推奨スペースが完成するまでの、タイムラプス動画です。

動画中で一瞬、サイバー感のあるノイズが発生していますが、これは来るべき仮想現実至上主義時代への警鐘なのでしょうか…。

推奨スペースでプレイしてみて気づいたこと

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 13

実際にプレイしてみると、特に体験自体は変わらなかったのですが、プレイ中に何かものに当たるという不安がなくなりました。やはりゲームはストレスフリーでやりたいので、これだけのスペースがあると安心ですし、没入を邪魔されることがないのはいいですね。部屋に勝手に入ってくる母親を除いて。

最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた 14

ちなみに、新たに発見したことですが、2DゲームをPS VRでプレイする場合はこのスペースからはみ出てても大丈夫なようです。

PS VRはどんな体勢でもVR内の画面を自分の目の前に持ってくることができるので、特に2Dゲームの場合は、場所に制限なくプレイでき、ゲーマーの方にはオススメかもしれません。


完成した推奨スペースを見ると、実際に自分の家でこれだけのスペースを確保するのはなかなか難しいですよね…。

ただ逆に言えば、これから先、完全に仮想現実へ没入する予定の方は、家具などを取り払ってこのスペースさえなんとか作ればいいということです。家具も服も台所もいらないじゃないですか、全て仮想現実で済ませるんですから。

部屋に余裕のある方は、玄関即推奨スペースの仮想現実至上主義時代に備えて、実際に試してみることをおすすめします。

source: PlayStation VR

(K.Yoshioka/協力:西村芽衣花、撮影:横山浩暉)