冥王星には雲があるかもしれない。思っていたより地球の空に似てるかも?

雲があるかもしれない冥王星、思っていたより地球の空に似てるかも?

冥王星の青い空をうっすらと雲が覆う…2016年初め、科学者たちが「冥王星にラピュタ 冥王星に雲がある可能性を話している」という噂がありました。でもどうやらNASAによればこの噂はまだ続いており、惑星学者たちのカンファレンスでホットな話題となっているようです。

冥王星のかすんだ大気にはほとんど雲はありません。しかしニュー・ホライズンズの主任研究員、Alan Sternが指摘するように、冥王星の写真からは一握りの不思議な明るい光のある部分が見て取れ、これらはところどころにより集まった雲のようです。無人探査機ニュー・ホライズンズが冥王星をフライバイしたときにモノクロ望遠カメラ(Long-Range Reconnaissance Imager)とマルチスペクトルカメラ(Multispectral Visible Imaging Camera)で撮影したトップ画像の右上の写真では、まさに雲っぽい雰囲気のその部分がよく見えます。

雲があるかもしれない冥王星、思っていたより地球の空に似てるかも?2

しかし素人目には雲にしか見えないこれらの写真があっても、これが雲だと科学者たちが100%言い切れるほどの証拠ではありません

そして残念なことに冥王星の雲に関しては、これ以上判断材料となるデータは今のところ存在しません。それでも「冥王星に雲がある」という考え自体はそこまで奇抜なものではないんです。結局のところ、この準惑星の表面を覆うのは、窒素、メタン、一酸化炭素などでできた揮発性の氷であり、それらは簡単に大気に逃げ出て、適切な状況下では再凝結するんですから。

もし冥王星に雲があるとしたら、これはうれしい発見です。雲の存在が意味するのは、気候。そして気候は、地球上でもそうであるように、惑星の表面を成形する助けとなるのです。「それはつまり、冥王星の気候が我々の考えていた以上に複雑である可能性を意味します」とSternさんは語っています

大雑把に言えば、雲があるとすれば、冥王星はもともと私たちが考えていたような冷たい死んだ岩の塊ではなかったということ。その代わりに他の本当の惑星と同じくらい注目に値する星なのです。なおかつ気象学的には、青い空が示唆するのは太陽光線と霧が大気にあるということ。時にダイナミックに姿を変える冥王星、今後も注目していきたいですね。

Image: NASA/JHUAPL/SwRI
source: NASA

Maddie Stone - Gizmodo US[原文
(abcxyz)