「PlayStation VR」特集

試されるコミュ力。「サマーレッスン」はリアルJK対面シミュレーターかもしれない 1

ついに自宅で、です!

2016年10月13日、全世界待望のVRヘッドセット、PlayStation VR(以下、PS VR)がついに国内で発売しました! 全世界って言っても仮想世界じゃないですよ、もちろん現実世界でですよ! ッヒュー!

ギズとしましてはこのビッグウェーブに乗らないはずがあろうか、いやないという次第で、発売と同時にPS VRについて知りたい質問を募集したり、いくつかのローンチタイトルを実況放送して参りました。Twitterでプチ実況していたので見て下さった方もいるかもしれませんね。

ありがたいことに、私ヤマダユウス型もいくつかのタイトルをプレイさせていただきまして、それはそれは貴重でサマーな体験をさせていただきました。

今回ご紹介するのは、家庭教師になった主人公が生徒の女の子と交流していくゲーム「サマーレッスン」。VR×美少女という誰もが思いつくであろう可能性に挑んだ本作は、発売前から多くのレビューやレポートで賑わっていた注目作です。しかしあえて言います。百聞はワンプレイにしかず、と。

こちらは、ギズがYouTubeにてライブ配信したプレイ映像です。

仮想現実なのに本当に息遣いを感じる」という、いわゆるマジ感がすごいと評判の本作。勉強を教えることとなるJK、宮本ひかりちゃんとキャッキャウフフなことになるんでしょうけれど、まぁVRですしそこそこのマジ感は覚悟していましたし。絶対に口角をつり上げたりしないんだからっ。

そう思っていた時期が以下略。駄目でした、つり上がってしまいました。というかまともに話せませんでした。このゲームはリアルのコミュ力、ひいてはリアルJK相手にどれだけキョドらずにいられるか力がガッツリ関わってくるのです。きてしまうのです。

相手はゲーム、今見ているのはゲーム画面。そんなことは相分かっています。しかし照れる! しかし恥ずい! スカートの物理演算が、健康的肌色が、そしてロックオンしたかのようにこちらを見続けるその眼が、なんとも言えぬ気恥ずかしさを誘発させるッ! この驚きはネットでレポートを見るだけでは全く想像できなかった部分です。

試されるコミュ力。「サマーレッスン」はリアルJK対面シミュレーターかもしれない 2

そうは言ってもこれはレビュー、知りたいことを知らねばなりません。意を決して椅子から立ち上がり豊満な夏の果実地帯を見下ろしました。するとどうでしょう、このダイレクト拒否。色んな人が見ているプレイルームだからハハハで済みましたが、これがワンルームの自宅で起こったかと思うとスーサイドも辞さない傷つきっぷりです。リアルの方のハハハ…です。

試されるコミュ力。「サマーレッスン」はリアルJK対面シミュレーターかもしれない 3

あえて論理的に解くならば、自分の意思で起こしたアクションによって向けられる嫌悪が、分身的なプレイヤーではなくひかりちゃんと同じ世界に立っている自分に向けられているという感覚がある、とかそんな感じでしょうか。同じ世界にいるのであらゆる好意敵意が自分へ向くんですよね。要約すると、マジでJKに引かれる体験だった。つらい。

で、肝心のゲームとしての部分について。ゲームの性質上、まっとうなレッスンよりもお気に召すままサマーなプレイに走りたくなりますが、レッスン内容や選択肢をおざなりに選んでいると好感度も成績も向上しません。逆にレッスンが充実してくればサマーな展開も自然と増えてきます。サマーな部分を楽しみたければレッスンも大事に。それが鉄則です。話したからわかる。

側からみるとこんな動き。

部屋の中はある程度立って歩き回ることができます(通常は椅子プレイ推奨)。ひかりちゃんが座っている位置の左側へ紳士的に回り込もうとしましたが、どうやらここは禁止エリアのようで、動ける範囲にも限界がある模様。全てのVRゲーに言えますが、現実世界が見えない状態でのウロウロはガチで危ないので、やるならば介護者がいる状況が望ましいです。イヤホンやヘッドホンをしてると特に。

試されるコミュ力。「サマーレッスン」はリアルJK対面シミュレーターかもしれない 4

ちなみに、プレイする時のスタイル、および距離間はこのような具合。モニターの上にトラッキング用のカメラを設置し、PS VR起動時にキャリブレーションして距離を固定させます。

総評として、PS VRを購入したならばぜひ体験してほしい、すべきといっても過言ではない、そんな仕上がりです。ひょっとしたら、これからのVR恋愛ゲーはこれをベースに拡大していくのかもしれません。同じ世界での体験、バーチャルの中でのリアル体験。そんなサマー。

ギズモード・ジャパンでは以下のPS VRコンテンツも体験しました。プレイ動画と合わせてお楽しみください。

自宅で究極の電脳ダイブ体験。脳にクる全方位型シューティングゲーム「Rez Infinite」
これはアートへの没入と突入。リズム・バイオレンスな「THUMPER」はモテゲーでもあった
ユートピアがリビングにやってくる。「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」が側にある生活とは
「PlayStation VR」ハンズオン。過渡期だが、だからこそ体験すべき

source: サマーレッスン

(ヤマダユウス型)