ロボットアームを脳とつなげて、失われた手の触覚を取り戻すことに成功

ロボットアームを脳と繋げ、失われた手の触覚を取り戻すことに成功

脳に電極を埋め込んで、蘇る手の触覚。

ピッツバーグ大学医療センターの研究で、四肢麻痺の男性が脳と繋がったロボットアームで触覚を取り戻すことに成功しました。

義手義足は日に日に進化しているものの、利用者に触覚まで提供はしていません。手に触覚が感じられなければ、1片のケーキの触感と、それを食べるために使うフォークの触感の違いもわかりませんよね。

Robert A. Gaunt教授率いるピッツバーグ大学の研究チームが、初めてとなる触覚をロボットアームを通して感じさせるシステムを開発。実際にこのシステムを利用して、両手両足の感覚と動きを失った28歳の男性が触覚を感じたという研究成果を発表しています。

まず患者の脳のスキャンを行ない、脳のどの部位が手のひらや指に引き起こすか特定。そして、シャツのボタン程度のサイズの微小電極を脳の体性知覚皮質(体からの全ての近くを受け取る脳の領域)に埋め込みました。術後、電極を通じて電流が流れ、コンピュータを介し、患者はロボットアームを通して触覚を得られるようになったのです。

ロボットアームを脳と繋げ、失われた手の触覚を取り戻すことに成功 2

2004年に交通事故で両手両足の感覚と動きを失ったという患者のノーザン・コープランド氏は、「ほぼ全ての指の感覚を感じます。本当に不思議な感覚ですが。電気的な感覚のときもあれば圧力を感じるときもありますが、大抵はほとんどの指の感覚がはっきりとわかります。まるで自分の指を触ったり押されたりするような感じです」と言っていました。

感覚皮質が刺痛の代わりに自然な感触を生成し、安定するまで手術後数カ月を要したそうです。コープランド氏は、現在80%物体の感覚を正しく認識できます。さらに、圧力やある程度の強度も識別できるようになりました。ただしその物体が熱いか冷たいかはまだ判別できません

こちらの動画では、研究者に触られたロボットアームの指を当てていくノーザン・コープランド氏の様子が見られます。

「最終的なゴールはほんものの腕のように動かせて感じることができるシステムを構築することだ。そこまで到達するには長い道のりだが、今回の成果は素晴らしいスタートだ」と、Robert A. Gaunt教授は述べています。

この研究が進めば、遠くに住む孫に触れることができるという風に、究極的には遠くにある物体もロボットアームを通して感じることができるんでしょうか。

「サイエンス・人体」関連記事:
頭部が結合して生まれた双子の赤ちゃん、分離手術が成功!
「早起きは三文の得」は事実だった… 東大が長期記憶しやすい時刻を発見
MITの大学院生がヒトの喜怒哀楽を分別できるWi-Fiを開発

source:Science Translational Medicine

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(mayumine)