ジェットコースターで腎臓の石がスッと出る、という研究

ジェットコースターで腎臓の石がスッと出る、という研究

絶叫マシン好きには朗報…? 楽しく治療できそう。

腎臓に結石ができて大きくなってしまうと、それが出てくるときはものすごっく痛いって言われてます。でも石が小さいうちならそんなに痛くないそうで、なるべく早く出したいですよね。方法のひとつとして、ジェットコースターが有効らしいことが新たな研究でわかってきました。

Journal of the American Osteopathic Associationに掲載された論文で、ミシガン州立大学の泌尿器科医のDavid D. Wartinger氏らは、ほどよい刺激のジェットコースターに乗ると小さな腎臓結石が排出されるという実験結果を提示しています。この発見はまだ第一歩ですが、ここから画期的な治療法が編み出されるかもしれません。

ジェットコースターで腎臓の石がスッと出る、という研究 1

大きければ大きいほど痛みは大きく、排出は困難に(Image:G.L. Kohuth, Michigan State University)


腎臓結石が排出されるきっかけには、いくつかよく知られたものがありますが、これまでその仕組みを解明しようとした人はほとんどいませんでした。たとえば妊娠中の女性はビタミン剤を多く摂取すると結石を排出することが知られています。また結石は肉体労働やバンジージャンプ、トランポリンでの跳躍、ダートバイク、または激しいくしゃみなどで排出されることも報告されていました。でもどれもはっきりこれだ!と特定することはできずにいたのですが、ジェットコースターに関しては環境を変えても再現できるかもしれません。

「私は春休み明けに複数の患者たちから、ディズニーワールドでビッグサンダーマウンテンに乗ったら腎臓結石が出たという話を聞きました。そのとき、これは患者を救えるユニークな機会なのだろうかと考え始めました」とWartinger氏は米Gizmodoに語りました。「研究室のある学生と私がこの件を進めるべきだと気づいたのは、ある患者からビッグサンダーマウンテンに3回乗って、3回連続で結石を出したと聞いたときでした」

ジェットコースターで腎臓の石がスッと出る、という研究 2

実験に使われた腎臓のシリコン型(Image: G.L. Kohuth, Michigan State University)


Wartinger氏と論文共著者のMarc Mitchell氏は、その男性患者の腎臓の透明なシリコン製モデルを3Dプリントしました。それを同じ男性患者の尿で満たし、大中小3サイズの腎臓結石を用意しました。研究チームはそのモデルを持って、ディズニーワールドへと向かいました。

ディズニーワールドから許可を受け、研究チームは腎臓のモデルをバックパックに入れてビッグサンダーマウンテンに乗りました。モデルの位置は、実際に人間が乗ったときと同様の力がかかるよう、腎臓に近い位置に抱えられました。彼らはビッグサンダーマウンテンの前の方に乗ったときと後ろの方に乗ったとき、結石の大きさが大・中・小のとき、結石の腎臓の中での位置が上の方・真ん中・下の方だったとき、それぞれの組み合わせを全部試すため、計20回もビッグサンダーマウンテンに乗ったんです。

「ジェットコースターに何回も乗ることに関しては正直、最初の5〜6回は素晴らしかったです。でも最後の方では歯を噛みしめて、早く終わってくれと願うばかりでした」

でも彼らの忍耐のおかげで、すごいデータが集まりました。後ろの方の席に乗ったときに結石が排出される確率は、64%にのぼったんです。さらに後ろの方の席で、腎臓の上の方に結石がある場合は、確率100%になりました。ちなみに前の方の席だと、結石排出率は全体で約17%でした。

「腎臓は枝のある木のように見えます」とWartinger氏は言います。「力が石を、葉の部分から枝の部分へ、そして幹へ、膀胱へと動かしたのです。我々が使ったモデルが、ジェットコースターで腎臓結石を排出したのは驚きではありません。なぜならこのモデルは、同じジェットコースターで3つの石を出した男性のものに基づいて作られたからです」

ジェットコースターで腎臓の石がスッと出る、という研究 3

ビッグサンダーマウンテン(Image: CC-BY 2.0)


Wartinger氏は、これは再現可能だと考えていますが、誰もが同じ乗り物でうまくいくわけではありません。腎臓からの出口は指紋のようにひとりひとり違っていて、それぞれの人にとって、結石を出すのに理想のジェットコースターがあるのです。または、ジェットコースターではない別の刺激がもっと有効な場合もあることでしょう。

研究チームは、この発見を3つの違うグループに対する予防的治療に応用できると考えています。

「結石が4mm以下なら、石が尿管に詰まるほど大きくなる前に排出させるのにこの方法が役立つかもしれません」とWartinger氏。「石が詰まると緊急手術が必要になりますし、非常に大きな痛みを生じます」

また石が大きくなってしまった場合には、外から衝撃を加えて砕く方法があるのですが、砕いた後の石を排出させる方法としてもジェットコースターが有効ではないかとWartinger氏は考えています。それに、これから妊娠しようとしている女性で腎臓に小さな結石がある人も、ジェットコースターに乗ることを検討すべきとされています。妊娠してからだと、ジェットコースターには乗らないほうがいいですからね。

今後この研究チームでは、もっといろいろな形の腎臓のモデル、そしてもっといろいろなジェットコースターで同じことを試そうとしています。その場合ジェットコースターに乗る前・乗った後の超音波検査も必要になるかもしれませんが、なかなかシュールな光景ですね。

さらにこの研究は、宇宙開発に伴う課題の解決にも役立つかもしれません。通常の環境では、重力が腎結石の排出に役立っているのですが、宇宙空間ではそれがありません。なので国際宇宙ステーションの宇宙飛行士は、結石ができるリスクが高いんです。「腎結石は、Mars Oneに乗る人にとって大きな課題になるでしょう」とWartinger氏は言っています。

source: Journal of the American Osteopathic Association

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(福田ミホ)