やっぱり? 米国では若い人ほど職場で「クソッ」って言いがちみたい

やっぱり? 米国では若い人ほど職場で「クソッ」と言いがちみたい

日本と比較してみたい。

スマートフォンやインターネットの普及で…なんて言わなくても、この数十年で仕事とプライベートの境界はどんどん曖昧になり、職場の文化は全体的にカジュアルになりつつあります。

そんな中、想定通りではありますが、若い世代の間では言葉使いも上の世代よりカジュアルになりつつあることがある調査から明らかになりました。

業務管理プラットフォームのWrikeが、米国の社会人約1,500人を対象に行なった調査によると、29歳以下では職場で「クソッ(英語でいうFから始める言葉)」といった発言をする人の割合が、上の世代より多いらしいです。

29歳以下、いわゆるミレニアル世代の会社役員や管理職80%が、職場で口汚い言葉を使うと認めています。それに対しその上の世代、30歳以上の経営幹部では、悪い言葉を使う人たちは56%だそうです。

また、一般社員も含めた職位全体で見ると、ミレニアル世代男性の66%、女性の67%が職場で悪態をつくと言っているのですが、女性のほうが他人の汚い言葉に寛容な傾向が見られました。

ただし、全世代をまとめた場合、悪態について41%が「カジュアルすぎ、社会人にふさわしくない」、39%が「気まずい雰囲気になる」と考えているようです。でもミレニアル世代だけで見た場合、汚い言葉はむしろ「アイデアや感情を伝えやすくする」(39%)とか「仕事への情熱を反映している」(36%)、「チームメンバーの関係を強化する」(34%)と考えるなど、ポジティブな評価も大きくなっています。

この調査結果は、職場のルールが昔よりゆるくなりつつあること、仕事中の悪態がある種の癒やしになっていることを示しています。ミレニアル世代男性のうち47%は、同僚が悪態をつくような職場を好んでいて、女性も40%が同様に答えています。

ただ、だからって安心して悪態をつきまくろうとは思わないほうがよさそうです。「職場で悪態をつかない」と答えた人のうち20%は、誰かの悪態について正式な苦情を出そうと考えたことがあると言っているんです。たしかに、特に上の役職の人が「何だこの資料クソだな」みたいなことを言ったとしたら、それをパワハラと受け止める人とか状況は大いにありそうです。

ところでこの調査は米国で行なわれたものですが、日本でも同じことがあてはまるのかどうか、訳者としては興味があります。

この調査でいう「上の世代」に属する私から見ると、最近の20代の人ってすごく礼儀正しくて、少なくとも仕事の中で「くそしね」とか言いそうにないですね。それは私が上の世代だから、そういう面を見せてもらってないだけなんでしょうか…?

image by Lolostock / Shutterstock

source: Wrike

Michael Nunez - Gizmodo US[原文

(福田ミホ)