評論家たちが大絶賛。宇宙人と対話するSF映画「メッセージ」最終予告編

評論家たちが大絶賛。宇宙人と対話するSF映画「メッセージ」最終予告編 1

トゥトゥトゥトゥトゥトゥ…!

Rotten Tomatoトマトメーター振り切り評論家満足度100パーセントのエイミー・アダムス主演のSF映画「メッセージ(原題:Arrival)」の最終予告編が公開されました!

これはParamount Picturesによる「メッセージ」の最終予告編。

あらすじ:地球にやってきた地球外生命体ヘプタポッドと会話によるコミュニケーションを測ろうとする言語学者。果たしてヘプタボッドの目的は、そして地球の未来はーー

原作はテッド・チャン著のSF短編「あなたの人生の物語」。予告を見る限り、小説版とは異なり、映画は不穏な空気が漂う侵略系強めの作品になりそうなが雰囲気ですね。こうなると原作ファンは多少不安を感じてしまいそうですが、心配する必要はなさそう。

Rotten Tomatoに寄せられた評価を見ると、予告から感じられるようなアクションや侵略ばかりを重視しているのではなく、「2001年 宇宙の旅」や「コンタクト」といった名作SF映画と同様のハードさがある、サイエンスと心を巧みに描いた作品と手放しで大絶賛。「今年1番の傑作、必見!」との意見も複数あったので、これはもう大いに期待できるでしょう。

監督はブレードランナーの続編「Blade Runner 2049」(原題)を手がけることも決まっているドゥニ・ヴィルヌーヴ。映画「メッセージ」は11月11日に全米公開です。

関連記事:
映画「ブレードランナー2」の近未来的ロサンゼルスのコンセプトアートが初公開
「ブレードランナー」の続編の監督が手がけるSF映画「Arrival」予告編
映画「ブレードランナー」続編のVRコンテンツがOculus独占で登場

source: YouTube, Rotten Tomato

中川真知子