Spotify CEO直撃インタビュー。ダニエル・エク、音楽新世界を語る「エクスクルーシブな配信は、アーティストにとって有益じゃない」

ダニエルエクインタビュー

音楽ストリーミングサービス「Spotify」がついに日本にやってきました。

最新テクノロジーを駆使して、「聴く」行為に驚きを与え、音楽との付き合い方を根底から変える注目の的。特にCDがいまだに売れる日本にとって、好きな時間に好きな場所で音楽が聴き放題できるSpotifyは、スマホ音楽時代の大本命な印象を受けます。現在、すでにエントリー制で招待コードが配布されていますよ。

ギズモード・ジャパンでは、来日したSpotifyのCEOダニエル・エクに単独インタビューする機会を得ました。

33歳のスウェーデン人、ダニエル・エクがSpotifyを立ち上げたのは、ちょうど10年前の2006年。そして今や、世界の音楽を変革する企業のひとつSpotifyのトップです。失礼かもしれないけれど、気難しくて気性の荒い人を想像していましたが、実際はまったくの正反対。気さくでスマートな物腰で、握手を求めてきたので、逆にこちらの緊張度が上がるほどでした。

インタビューは、9月29日にSpotify Japanの記者発表会が行なわれた会場で実現。大きなテーブルの角を挟んで、Spotifyが目指すサービス像、変革したい音楽の在り方、アーティストとの関係を含めてさまざまな話題を語ってくれました。それでは、どうぞ。

***

ギズモード(以下ギズ):Spotifyが日本でついに始まりましたが、あなたは音楽の今をどう見ているのでしょうか?

ダニエル・エク(以下エク):まず今の話からすると、僕は音楽産業があるべき姿への第一歩を踏み出したばかりと思っているよ。

どういう意味かというと、現在、世界のメディアコンテンツ消費の約半分は、音楽なんだ。みんな1日に約3〜4時間は音楽を聴いている。これは、ものすごい量の音楽だよ。

でも音楽産業に目を向けると、世界の規模は(2015年が)1500億ドルで、それほど大きな利益を生み出していない。一方で、世界のテレビ産業は、1兆ドル規模と巨大市場なんだよ。だから、僕は、「世界でコンテンツ消費の50%を占める音楽が、ほんのわずかな収益しか上げられないことは、問題じゃないか?」という疑問を抱いてしまうんだ。

僕たちは、アーティストがファンとつながる、新しいモデルを作ることが重要だと考え、そのためにベストを尽くしている。ファンとのつながりを付加価値として、クリエイターたちに収益化のチャンスを拡げたい。

ダニエルエクインタビュー2

僕たちは、このプロセスの入り口に立っているに過ぎないと思っている。まずは、より多くの人を音楽ストリーミングの世界を体験してもらうことが重要だ。

ユーザーが音楽ストリーミングを使い始めれば、音楽を聴いている人は誰か、どこから聴いているかのデータを集められる。アーティストは収益を上げる確率を高められるんだ。さらに、ファンとつながりを拡張できる。これはいずれ、音楽体験そのものを変えていく。

次の10年は最もワクワクする時代だね。これまでの10年は、世界の音楽産業に音楽ストリーミングが未来を作ると伝える時間だった。そしてみんな「これから音楽ストリーミングで何をしようか?」と考える時期に入ったと感じる。

音楽の形の未来は?

ギズ:CDやダウンロードと、音楽ストリーミングの違いがあるとすれば、何でしょうか?

エク:音楽は、これまでメディアのフォーマットに依存してきた。まずはアナログのSPレコードから始まった。時代と共に、メディアが抱えられる曲数は増えてきたけれど、いつの時代も音楽を収納するメディアが必要だった。

今、音楽はネットの生物だ。「オーディオ・ビジュアル・インタラクティブ・メディア」。それが音楽だよ。次の10年で、僕たちは今までとはまったく違う音楽の形を目にすると思う。それが何か、僕も想像ができない。

エクスクルーシブな配信は、アーティストにとって有益じゃない

ダニエルエクインタビュー3

ギズ:アーティストとの関係については、どのような考えをお持ちですか?

エク:今年、カニエ・ウェストがアルバム「The Life Of Pablo」をリリースしたよね。1枚のアルバムだけれど、カニエは毎回新しい素材を追加してアルバムをアップデートしていったのが、非常に刺激的に感じたよ。カニエのやり方は、まったく新しい考え方だ。

もし、同じ音楽なのに、聴く人によっていくつもの異なる印象が感じられるツールが作れたら? 無限の可能性が拡がるはずだ。

先進的なアーティストは、すでに動き始めているんだ。ビヨンセも「Lemonade」で、さまざまな表現方法を実験したよね。

僕たちは、アーティストたちが今まで実現できなかったことに挑戦できる、実験のための”キャンバス”を作りたいと思っているよ。僕たちにしかできない方法で、音楽の世界を変えていけるはずだ

実験は、音楽の未来を作る。課題は、もっと多くのアーティストが、心地よく実験できるようにすることだと感じているよ。

ギズ:音楽ストリーミングサービス各社で、人気コンテンツの獲得合戦が過熱しているようですが、Spotifyは今後どう取り組んでいくつもりですか?

エク:僕たちは、エクスクルーシブな配信は、アーティストにとって有益じゃないと考えている。理由はいくつかあるけれど、今の時代、アーティストは好むと好まざるとに関わらず、ネット上のあらゆるサービスで音楽が流通されるから、単一のプラットフォームでわざわざ配信する価値が薄れてしまうんだ。

音楽は可能な限りすべてのプラットフォームを使って広く配信するべきだと思う。それぞれ異なるオーディエンスがいることを忘れてはいけない。Spotifyではアーティストが安心して使える「包括的」な方法を実現したい。

フリーミュージックは誤解

ダニエルエクインタビュー4

ギズ:Spotifyは「フリーミアム」モデルを採用した稀有な音楽サービスです。フリーサービスを提供することの意味は何ですか?

エク:コンビネーションだと思う。よく「フリーミュージック」と言われるが、誤解がある。僕たちは、コンテンツを使うためにフィーを音楽産業に支払っているからね。

海外を例に取ると、アメリカのラジオ産業は、約1700億ドルの市場規模がある。そして、全世界の音楽産業は、約1500億ドルだ。音楽全体の規模が、ほとんど無料で聞けるラジオと同じくらいなんだ。フリーと有料を組み合わせれば、産業規模をさらに大きく出来ると信じている。

Spotifyは産業を代替するわけじゃない。だから僕は、「破壊(=ディスラプション)」という言葉はあまり好きじゃないんだ。何かを壊すことを意味するからね。Spotifyの狙いは、音楽産業との共存だ。そして、市場内の競争じゃなく、もっと目を向けないといけない本当の脅威は、音楽の「違法コピー」だよ

公表されないけれど、音楽を違法にダウンロードする人の数は、とてつもなく多い。音楽を簡単に楽しむ方法を作らなければ、今後も違法ダウンロードを止めることはできない。僕たちは、「フリー」が新しい音楽の聴き方への入り口だと考えている。そして多くの人は、サービスを使ってさらに良い体験を得るためなら、ためらわず課金すると思うよ。

フリクションレスな音楽を

ダニエルエクインタビュー5

ギズ:かつてインタビューで「音楽の消費は『フリクションレス(Frictionless)』になる」と仰っていましたが、どういう意味ですか?

エク:Spotifyの特徴は、断絶のない利用ができるところだよ。音楽が「フリクションレス」になっていくんだ。例えば、自宅のリビングを出て車に乗ると、車のSpotifyアプリで同じ音楽が途切れることなく再生できる。外から自宅に戻ってきたときも同じだよ。Spotifyが質問するんだ。『音楽を続けたい?』と。OKなら、その場のスマートフォンやスピーカーが再生し始める。

あらゆる場所、あらゆる時間に音楽がシンプルに再生できるようになれば、音楽の消費形態も変わると信じているよ。

ギズ:今日はありがとうございました。

***

来日中の多忙な日程にも関わらず、取材には時間ギリギリまで、温和な態度で丁寧に答えてくれたダニエル。「日本人アーティストがこれからもっと増えるから、どんなプレイリストができるか楽しみだよ」と、世界のローカルシーン活性化について熱心に語る一面も見せてくれました。

音楽を聴くツールであるSpotifyは、同時にクリエイターを支援するプラットフォームでもあることを強く印象づけられました。そのCEOダニエル・エクは情熱の対象を新しい音楽世界作りに向ける、冷静沈着なビジョナリーでした。

source: Spotify

(Yohei Kogami)