「スター・ウォーズ」でダークサイドのライトセーバーが赤い理由が新たに発覚

「スター・ウォーズ」でダークサイドのライトセーバーが赤い理由が新たに発覚 1

正史が更新。

「スター・ウォーズ」に登場するダークサイドのライトセーバーは赤。ジェダイたちのライトセーバーの色は緑とか青(メイス・ウィンドゥは紫だけど)。特に色の理由を教えられなくても、なんとなく雰囲気で納得できちゃいそうなその設定ですが、ちゃんとディズニー公認の設定があるんです。

これまで作られてきた拡張世界の中では、ライトセーバーの色は、中に入っているカイバー・クリスタル」という水晶の色によって決まるということになっていました。そして、シス、ダークサイドの使用者たちは、自然に生み出されたクリスタルではなく、人工的に作られたクリスタルを使用しており、そのせいで色が赤くなるという設定でした。

しかし、Slash Filmによれば、新たに出版されたカノン(正史)小説、E.K. Johnstonによる「Ashoka」で、この設定が変更されたようです。「Ashoka」(アソーカ)は名前からもお分かりの通り、アニメ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」や「反乱者たち」シリーズでおなじみのアソーカ・タノを主人公とした小説です。「誰だそれ?」と思われる方もおられるかもしれませんが、アソーカはアナキン・スカイウォーカーのパダワン(弟子)であったという設定のキャラクターです。

この小説「Ashoka」の中では、カイバー・クリスタルそのものにフォースへの感受性が備わっており、カイバー・クリスタルがその使用者を決めるという設定になっています。そして、ダークサイドに堕ちた者にはクリスタルとの間にこの関係が存在しないのです。なぜなら、クリスタルはダークサイドのフォースを使う者を選ばないから。

この新たな設定では、人工のクリスタルが出てこない代わりに、ダークサイドの人たちはライトセーバーを既に持つ者から盗んだり、殺して手に入れたりするのです。こうして所有者の変わったライトセーバーの中のクリスタルは、自分の選んだ使用者との繋がりを失い、ダークサイドの使い手により捻じ曲げられ、「血を流す」のだとか。だからライトセーバーの色が赤くなるという設定になっています。一度ダークサイド側の手に落ちたクリスタルは治すことは可能ですが、もとの色には戻らず、白になるということです。

「反乱者たち」に登場するアソーカのライトセーバーは白色の二刀流。このアソーカのライトセーバーの色に関しては、「反乱者たち」の製作総指揮を務めるデイブ・フィローニがThe Star Wars Showで「彼女がジェダイでも悪でもないため」と語っていましたが、小説のおかげでこの色の理由がより明確になったわけですね。

そう考えると、デス・スターのレーザーにカイバー・クリスタルが使われているという設定がどうなるのかが気になりますね。カイバー・クリスタルがそもそも使われていないのか、それとも赤くないからジェダイが組み立てたのか…。

image by Slash Film
source: Slash Film, YouTube via Wikipedia

abcxyz