見てろよ、iMac…これがクリエイター向けの新「Surface Studio」デスクトップPCだ!

これがクリエイター向けの新「Surface Studio」デスクトップPCだ!

デスクトップPC市場へ新旋風!

ノートPCやタブレットになる2-in-1タイプのモデルが全盛期のいま、わざわざゴツいデスクトップPCを買いたいユーザーなんているのでしょうか? その疑問があるからか、デスクトップPCの分野ではこのところ気合いの入った新製品発表がなかったように思えます…。

ところが、ついにMicrosoft(マイクロソフト)は、Surfaceブランドで初となる一体型のデスクトップPC「Surface Studio」の発売をアナウンス! なかなかスタイリッシュかつ斬新なコンセプトで、Apple(アップル)のiMacにも対抗できそうなモデルが誕生しましたよ。

これがクリエイター向けの新「Surface Studio」デスクトップPCだ!2

タッチスクリーン対応のSurface Studioのディスプレイは、28インチと大型ながら、なんと12.5mmという薄さを実現! これって、液晶ディスプレイのなかでも最薄レベルではないでしょうかね〜。

それでいて、ワコムの液晶ペンタブレットのように、精細なペン入力にも対応するクリエイター仕様です。ディスプレイの画素密度は192ppiとなり、5KディスプレイのiMacが誇る218ppiには、わずかにおよばないレベル。とはいえ、iMacと同じくDCI P3の色空間が標準でサポートされており、プロ仕様の動画編集も楽々とこなせそうですよ。

これがクリエイター向けの新「Surface Studio」デスクトップPCだ!3

なおディスプレイこそスゴいものの、そのほかのスペックはそれほど特筆すべきレベルではありません。IntelのCore i5またはi7プロセッサーを選択できますけど、やや古いSkylake世代のものになっているようです。また、グラフィックスカードにはNvidiaの「GeForce GTX 980M」を選択可能ですが、これも一世代前のモデルとなります。もちろん十分にパワフルな性能ではありますけど。

これがクリエイター向けの新「Surface Studio」デスクトップPCだ!4

驚くべきなのは、MicrosoftがわざわざSurface Studioに向けて、まったく新しい「Surface Dial」なるアクセサリーを投入してきたことでしょう。

これがクリエイター向けの新「Surface Studio」デスクトップPCだ!5

ディスプレイにポンとくっつけると専用のユーザーインターフェース(UI)が表示され、ダイヤル式にクルクルと回して操作を可能にするSurface Dial。たとえば、ダイヤル周りにカラーリングが表示され、スタイラスのペン先はディスプレイから離すことなく直感的に入力カラーを選択できます。ズームインやズームアウト表示もダイヤルで自由自在に行なえ、これはクリエイターには重宝しそうですよね。

業界最強のパワフル性能とまではいかないものの、数々の魅力的な特徴を備える、クリエイターにはうってつけなSurface Studio。最上位モデルとして、4TBのストレージ32GBのRAMというハイスペックも選択できるようになっています。

しかしながら、そのお値段もなかなかのもので、Core i5プロセッサーの最小構成モデルでも、2,999ドルの予約販売価格となる模様。高価なペンタブレットと美しいディスプレイのデスクトップPCが、両方同時に手に入ると思えば、それほど悪くはない値段なのかもしれませんが、はたしてSurface Studioは、どこまでiMacキラーな活躍ぶりを見せることができるでしょうかね?

source: Microsoft

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)