BMWの考える「バイクのミライ」 倒れず、事故らず、目でコントロール可能

BMWの考える「バイクのミライ」 倒れず、事故らず、目でコントロール可能

ファイナルファンタジーにでてきそう。

いつでも僕らバイク好きの心を熱くしてくれる、コンセプトモデル。実現可能かはともかく、いつ見てもワクワクしてしまいます。BMWが公開した「100年後のバイク」のコンセプトモデルは、これまで見たこともないようなフォルムをまとっていました。

BMWの考える「バイクのミライ」 1

「The BMW Vision Motorrad Next 100」と名付けられたこのコンセプトバイクは、まるでカウルを剥ぎ取ったフレームそのもののようなデザイン。とにかく、ミニマムなフレームにシート、それに極太タイヤ…まるでバットマンが普段使いしていそうなバイクです。横に飛び出したエンジンは、伝統のボクサーエンジンをイメージしているのでしょうか?

さらに動力は排気ガスの出ないゼロエミッション仕様となっており、カメラなどを用いた運転者支援機能で事故をおこすこともありません。また目の動きでバイクを操縦できたり、自己バランス調整機能で倒れることもないんだとか…。もしそんなバイクが実現できるのなら、ぜひ乗ってみたいものです。

BMWの考える「バイクのミライ」 倒れず、事故らず、目でコントロール可能 1

もともと航空機エンジンメーカーとして始まったBMWですが、その二輪事業への関わりも第一次大戦後からと非常に長いもの。1923年に生産されたバイク「R32」は、どこか今回のコンセプトモデルにつながるような三角形の形状をしています。

現在、BMWは自動運転技術を採用した自動車「BMW i8 Roadster」や「BMW iNEXT」の開発に取り組んでいます。このような自動運転技術が、バイクにも搭載される日はくるのでしょうか?

BMWの最新技術:
○BMWの技術力に圧倒される。ニューBMW 7シリーズに採用された素晴らしい最新技術
○見ろよ俺の華麗な駐車テク。BMWが無人パーキング機能を実用化
○車庫入れ車庫出しがオートマなBMW7
○BMWの新型7シリーズは光のカーペットがついてくる

source: The Verge

(塚本直樹)