鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた

鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた 1

VRの可能性を広げる。

PS VR、Oculus Rift、HTC Vive。2016年は、VR(仮想現実)の本命とも呼べるハードウェアが次々と登場する、「VR元年」になりました。高価なヘッドセットを買わなくても、ハコスコなどの簡易VRヘッドセットが普及したことにより、家でも手軽にVR体験ができます。

VR体験のハードルは下がりましたが、実はコンテンツを作るハードルもとても下がっているんです。360度カメラの登場によって。

それを現すように、360度カメラのTHETAを展開するRICOHが、「THETA VR映像コンテスト」を開催しています。3つのテーマの中から、それにあった360度の写真・動画をRICOH THETAで撮影し応募すると、優秀者に賞品がもらえるコンテストです。10月26日(水)まで作品を募集しています。

今回ギズモードでは、3つのテーマの一つである、自由部門に応募してみることに。

そしてその映像の撮影場所に選んだのが、鉄道博物館の巨大な模型鉄道ジオラマです。

鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた 2

画像提供:鉄道博物館

なぜ、鉄道博物館の巨大ジオラマを撮影?

鉄道博物館は、埼玉県の大宮にある、実物の鉄道車両の展示や運転シミュレーターなどが設置された、鉄道ファンならずとも楽しめる博物館です。

鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた 3

画像提供:鉄道博物館

鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた 4

画像提供:鉄道博物館

ここの展示の一つに、横幅約25m奥行き約8mにもなる、巨大な模型鉄道ジオラマがあります。ですが、実は鉄道博物館のジオラマはすでにリニューアルのため閉鎖済み。2018年夏の新館の建設及び本館の全面リニューアルオープンにともない、模型鉄道ジオラマも2017年7月頃まで、約1年間も見られなくなってしまうのです。

閉鎖中でも、鉄道博物館の模型鉄道ジオラマを楽しめるような映像が撮れたら

そしてせっかくなら、普段の展示では見られない映像を収めようと、鉄道模型に360度カメラを載せて走らせることにしたのです。

どうやって撮影した?

鉄道博物館のジオラマに使われているのは、HOゲージ。THETAを乗せるには、専用のマウントを作る必要があります。

鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた 5

HOゲージ

今回はRICOHの最新機種「THETA S」用のマウントを作るべく、3Dプリンターを使用しました。大阪にある制作会社の「トンガルマン」に3Dモデリングを、東京にある3Dスキャンや3Dデータサービスを手がける「デジモ」にその出力を依頼。

鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた 6

そして生まれたのが、THETA S専用HOゲージマウント! 大阪にあるトンガルマンさんから3Dデータが送られてきて、それを東京渋谷にあるデジモで出力します。なにこの創作、未来感ある。

鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた 7

THETA Sにピッタリスッポリはまります。精度高い。

鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた 8

そしてHOゲージの車両模型を用意。鉄道模型メーカー「KATO」のオハ35を使いました。HOゲージの車両本体部分を取外し、台枠を台車だけにして装着します。THETA Sトレインの完成です。

模型鉄道ジオラマの車窓はこちら

こちらが応募した映像です、どうぞ

鉄道博物館の巨大な模型鉄道ジオラマを走らせる! - Spherical Image - RICOH THETA

今回応募条件に10秒以内とあったのでコンパクトになりましたが、せっかくなので全編をどうぞ。

電車とすれ違う様子はかなりリアル。本物の電車の車窓からの風景を眺めているようです。ハコスコなどの簡易版VRヘッドセットとスマートフォンを組み合わせれば、本当に鉄道模型に乗車している気分になれますよ。

まだまだ潜在能力を秘めている360°カメラ。アイデア次第で、これまで見たこともない映像が見られそうです。

source: RICOH

撮影協力: 鉄道博物館

制作協力: トンガルマンデジモ

(佐々木崇)