Vineがサービス終了。最後にもう1度、Vineスターで振り返るその栄光時代

Vineがサービス終了。最後にもう1度、Vineスターで振り返るその栄光時代

さよなら…。

Vineのサービスローンチは、2013年1月。3周年まであと少しというところで、TwitterからVineのサービス終了が発表されました。今後数カ月のうちにVineのモバイルアプリは終了してしまうものの、Vine自体(ウェブサイト)は、このまま存続します。Vine動画へのアクセス、自分の動画のダウンロードも可能です。ただ、今後この方針が変わる可能性があり、その場合はユーザーにメールで知らせるとのこと。

Vine終了の発表は、Twitterの第3四半期決算直後に行なわれました。今後の先行きが不安なTwitterはうわさにあった通り、社員の9%=約350人をリストラすることも発表。Vine終了も、Twitter社の身辺整理の1つでしょう

ローンチされるやいなや、世界中で数々の話題Vine動画が生まれ、Vineスターが誕生しました。トライベッカ映画祭でVine部門ができた年もありました。話題のVine動画はバイラルで広まり、数多くのネット・ミームが生まれました。有名ミームを生んだVineを振り返りつつ、しばしお別れムードに浸りましょう。



Vineで日本で爆発的な人気がでたといえば、女子高生のReikaさん。Vine王者とも言えるZach Kingさんも大変話題になりましたね。

さよなら、 Vine。

Vine関連記事:
Vineみんな辞めてるってよ。原因はTwitterのCEO、ジャック・ドーシー?
Twitterが動画まわりをアップデート。140秒までの動画投稿が可能に
何億円もかけて、人気YouTuberやVineスターをリクルートするFacebook Live

image by rvlsoft / Shutterstock.com
source: Medium

Christina Warren・Eve Peyser - Gizmodo US[原文1原文2
(そうこ)