子どもがほしい人は独身でも「不妊」。WHOが定義拡大へ

子どもがほしい人は独身でも「不妊」。WHOが定義拡大へ 1

独身でもゲイでも不妊治療が受けられるように、という主旨のようですが…。

The Telegraphによると、世界保健機関(WHO)が「不妊」の定義を大きく広げようとしています。それによって性別にかかわらず、たとえば現在結婚していなくても、彼氏・彼女すらいなくても、「子どもがほしいけど、いない」状態であれば「不妊」と認定される(少なくともWHOからは)ことになります。

WHOの従来の「不妊」の定義はいくつか列挙されているんですが、ざっくりいうと「避妊せずに性交しているのに妊娠しない状態が12カ月続いているカップル」ということだったようです。でもこれからは、そもそもカップルになってなくても不妊と認められるということです。

また、WHOでは不妊を一種の機能障害と見なしているため、強引にいえば「独身は障害」と言われているようにも解釈でき、米Gizmodoでもそんな伝え方をしています。

ただもちろん、この定義変更の意図は、独身であることを特別扱いしようとかそういうことじゃありません。目指しているのは、平たくいうと「誰でも不妊治療を受けやすくしよう」ということです。

海外では「結婚する気はないけど子どもはほしい」という人や同性カップルが精子バンク代理母を利用して子どもを作る例が増えていて、その過程で高額な体外受精などを行なうことも多いようです。それをまかなうための政府からの助成制度もありますが、そういった制度は世の中の多数派が利用することを前提にしていて、少数派の人が利用しようとしても条件にあてはまらなくて使えなかったりします。

たとえば日本の場合、不妊治療に対する助成金を受けるには「法律上婚姻している夫婦」である必要があります。だから法律上婚姻していない、事実婚カップルが不妊治療をすると全額負担になるし、そもそも事実婚カップルが不妊治療を受けられるようになったこと自体が比較的最近のことです。まして「特定の相手が決まっていないけど子どもだけほしい」という人は、海外のように精子や卵子を入手して体外受精、というわけにもいきません。同性カップルは結婚自体認められていません。

でもWHOでは、独身でもゲイでも、子どもを持ちたいという希望をかなえやすいようにしよう、と考えているわけです。その人が身体的には不妊状態でなかったとしても、「独身で相手がいなければ子どもができないから不妊」、「同性カップルで精子と精子、卵子と卵子じゃ受精できないから不妊」、というわけです。で、それは障害なんですよと言ってしまうことで、子どもを作るために必要な医療処置を受けやすくしようとしているんです。

この定義を提案したメンバーのひとり、WHOのDavid Adamson博士はこう言っています。「不妊の定義は今、あらゆる人が家族を持つ権利をカバーすべく書き換えられました。そこには独身の男女、ゲイの男女も含まれるのです。(中略)これで、対象となる集団に誰が当てはまるのか、誰が医療を利用できるかが根本的に変わってきます

この変更の恩恵を受ける人はおそらく少なくはないのですが、一方で早くも反対意見を表明する人もいます。妊娠中絶反対派の活動家でComment on Reproductive Ethicsの理事であるJosephine QuintavalleさんはTelegraphに対しこうコメントしています。「このひどいナンセンスな話は、単に不妊の定義を変えようとしているだけではなく、生物学的プロセスや男性と女性の間の自然な性交の素晴らしさをないがしろにしています」「そのうち赤ちゃんが完全に実験室の中で作られ、育てられてしまいますよ?」

Quintavalleさんはその立場上、不妊治療そのものに否定的であるように聞こえます。ただ問題は不妊治療とか人工受精の是非というよりも、身体的に不妊ではない人も「夫(彼氏)・妻(彼女)がいない」とか「パートナーが同性なので妊娠できない」という社会的な理由から子どもがいない状態を「不妊」と呼んでいいのかどうか、ということではないでしょうか。Telegraphでは、そんな社会的な判断をWHOが下そうとしていること自体に疑問を投げかけています。

WHOはこの定義をまだ正式発表していませんが、2017年に各国の保健担当大臣に向けて通達すべく進んでいる模様です。WHOの方針をどこまで受け入れるかはそれぞれの国次第となりますが、「独身だけど子どもを作りたい」的な発想にまだまだついていけてなさそうな日本では、どうなるんでしょうか?

「人体と倫理観」関連記事:
遺伝子編集「デザイナー・ベビー」とは?
世界初の試験管ベビーは37歳、その人生を語る「両親は3人」の赤ちゃんを作る技術、米政府の委員会が承認

image by Shutterstock
source: WHO, Telegraph, Your Tango, Parenting.com, 厚生労働省, nikkei.com

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)