3D、VR、MRにも対応! Windows 10大型アップデート「Creators Update」機能まとめ

Windows 10大型アップデート「Creators Update」機能まとめ

またWindowsの新境地へ!

Windows 10には、間隔を置いて大型アップデートが配信されることになっています。なかには非常にビッグな改良点が山盛りのアップデートもあり、もしやこれは「Windows 11」か? そんな驚きの声で迎えられた最新アップデート「Creators Update」の詳細が、このほどMicrosoftによって明らかにされましたよ。

われわれは2Dのメール、ドキュメント、スプレッドシート、スライドショーに慣れて育った。しかしながら、次の世代は始めから3Dに慣れ親しんで大人になっていく。すでに「Minecraft」の世界では、大勢の子どもたちが、まるでドキュメントを繰る感覚で、自分の3Dワールドを作りあげ、インタラクティブに3Dと接している。

MicrosoftのWindows&Devices部門を率いるTerry Meyerson氏はこのように語り、新たに3D対応を強化したCreators Updateの紹介を行ないました。2017年初めに無料配信されるCreators Updateには、新機能がてんこ盛りですけど、ここでその7大機能をまとめてみましょう。

1. Paint 3D

長らくWindowsアクセサリとして画像編集に利用されてきたペイントソフト。3D対応を強化するCreators Updateでは、新たに「Paint 3D」として大刷新されています。

Windows Creators Update Paint 3D 1

その名のとおりPaint 3Dでは、これまで敷居が高かった3Dオブジェクトや環境に、すべてのWindowsユーザーがストレスなく触れられるようになっていますね。

まるでスマートフォンで写真や動画を撮影するかのごとく、簡単に3D作成に取り組めるようにする必要があります。

新たに3D対応が強化されたPaint 3Dを、MicrosoftのMegan Saunders氏は、こんなふうに紹介しましたよ。

Windows Creators Update Paint 3D 2

実際にSaunders氏は、ステージ上の砂城のディスプレイをスマホで撮影。すると、一瞬のうちに砂城が3Dコンテンツとしてスキャンされ、Paint 3Dにて、まるで画像を扱うかのごとく、自由自在に向きを変えたり、デザイン編集が可能になりました。

なお、Creators Updateに合わせて、数々の3Dオブジェクトのコレクションサイトとなる「Remix3D.com」がローンチ予定。Paint 3Dで作成したコンテンツの共有が手軽に進められるほか、Minecraftからの提供オブジェクトも含め、多彩なハイクオリティーのコンテンツラインナップが利用可能になるようです。3Dモデルの作成編集ソフトとして名高い「SketchUp」もRemix3D.comに参加しており、豊富なライブラリがそろうことを楽しみにしたいですよね。

2. Powerpointも3D対応強化

Creators Updateで3D対応を果たすのは、ペイントソフトだけではありません。Officeソフトだって、3Dコンテンツへの対応を強化し、そのアップグレードは「Microsoft Powerpoint」にも適応されていますよ。

Windows Creators Update Powerpoint 3D

スライドショーの作成には、新たに3Dレンダリングの追加メニューが用意されます。自分で作った3Dオブジェクトのみならず、Remix3D.comに並ぶ多彩な3Dコンテンツを検索/ダウンロードし、スライドへ簡単に挿入。特殊なソフトウェアを使わずとも、挿入された3Dオブジェクトは、そのままPowerpoint上でグルグルと動かしては編集可能となっていますね。

3. HoloLensを通してEdgeまで3D対応

Creators Updateの3D対応強化は、インターネットの世界にまでもおよんでいます。

Windows Creators Update Edge 3D HoloLens 1

Microsoftが開発中の拡張現実ヘッドセット「HoloLens」で、Windows 10ブラウザの「Microsoft Edge」に表示される対応サイトを閲覧すると…。

Windows Creators Update Edge 3D HoloLens 2

オンラインショッピングで家具を購入しようとしている場面です。このイスって、実際に部屋に置いたらどんな感じかな? HoloLensを装着して進めるショッピングは、まさに仮想と現実を行き来して進めることができる未来感覚です。服を買ったりするときも、サイトから服を取り出して、自分に似合うかどうかバーチャルな試着までできるということですね〜。

4. 広がるバーチャルワールド体験

HoloLensで便利になるのは、インターネット上の世界だけではありません。

Windows Creators Update VR

Paint 3Dで作成された3Dオブジェクトは、ただWindowsのスクリーンのなかにだけ存在するのではありません。HoloLensから眺めると、実際に部屋のなかにまで各種オブジェクトを配置し、目の前に広がっていく世界を体験することができます。アプリのなかへ入っていってしまう感覚ですね。

その世界には、現実のテレビ放送を移動させて配置することまでできるようで、自分はいまバーチャルなワールドにいるのか、本物の世界にいるのかがわからなくなってしまうかも。これぞ、MRということなのか...。

5. Windows 10 VRヘッドセット

新たな3DのWindowsの世界を堪能するためには、やはり各種VRヘッドセットが必要になってくることでしょう。

Windows Creators Update VR ヘッドセット

Creators Updateには、難しいことなどわからずとも、とにかく装着するだけで簡単に新たな3Dの世界を味わえるようになる対応アクセサリーが、各メーカーから豊富に用意されるそうです。すでに、HP、Dell、Lenovo、Asus、Acerより、多彩なWindows 10 VRヘッドセットがリリースされる予定となっており、販売価格は299ドルから。

来年からは、Windows 10 VRヘッドセットが必須のオプションとなってくるかもしれませんね。

6. Xbox Liveにも新機能

さてさて、Creators Updateの3D対応の話ばかり進めてきましたけど、ほかにもゲーム分野に特筆すべきアップデートがありますよ。

Windows Creators Update Xbox Live

Creators Updateでは、Windowsに「Beam」のシステム統合がなされています。つまり、Xbox Liveでプレイ中のゲームを、簡単にライブ配信できるようになりました。これって、実はとても難しいステップだったのですが、自分のゲームプレイをストリーミング配信するチャンネルまで、今後はだれでも手軽にセットアップできるようになりますよ。MicrosoftによるBeam買収の成果が、早くも表われた形ですね。

さらに、Xbox Liveの「Arena」を用いて、だれでもゲームのトーナメント戦を開催できるようになります。アイデア次第では、ビッグなイベントをインターネット上で告知して、多数の参加者を集める人気トーナメントの主催者となることだってできますよ〜。

7. 新たなコミュニケーションツール

Windowsにはメッセンジャーソフトが用意されていた時代がありましたし、Skypeとの統合強化などに力を入れられていたこともありましたけど…。

Windows Creators Update メッセンジャーツール

Creators Updateによって、Windows 10には、新たなコミュニケーションツールが実装されることとなります。タスクバーへ、頻繁に連絡を取る家族や友人をピン留めしておくと、あとはメッセージやメール、各種ファイルを送りたいときにクリックするだけ。

スマホのSMSメッセージを、Windows上でリンクして受け取ることもでき、いちいちパソコンとスマホを見比べる必要もありません。Appleが「iMessage」で実現した、iPhone、iPad、Macの統合が、ついにWindowsでも可能になるような感覚ですよね。

Microsoft発表イベント:
クリエイター向けの新デスクトップPC「Surface Studio」発表!
よりパワーアップした第2世代「Surface Book」が登場
MicrosoftがノートPCで使える3万円VRヘッドセットを予告

source: Microsoft

Michael Nunez - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)