ミニオンみたいなミニロボットが何台も家にいるという未来

ミニオンみたいなミニロボットが何台も家にいるという未来

「オーイ! スマホ忘れてたゾー」「重かったゾー」「チョコ買ってきてー」とか言うの。かわいい。

人間と同じようにロボットを動かすのは難しいですが、虫のように動かすのは比較的簡単なんですって。小さな虫が何匹も集まって、大きな荷物を運ぶのを見たことがあります? …あ、ならば、1台の人型ロボではなく、小さな虫系ロボをいくつも使ってタスクをこなせばいいのでは? Zooidsはそういうロボットです。

スタンフォード大学、フランス国立情報学自動制御研究所、パリ第11大学、パリ・サクレー大学の共同研究チームが開発したのは、とってもシンプルな1インチ(約2.5センチ)ほどの小さな個虫系ロボZooids。個虫とは群れをなす虫のこと。

ロボには車輪1ペア、バッテリ、タッチセンサー、ジャイロスコープ、光学センサーが搭載されており、個々の力は小さくとも、複数集まることでそれなりのタスクをこなすことができます。

この動画でも見られるように、集合体として動くことで、1ロボ1ピクセルとしてディスプレイに絵を描いたり、物を動かしたりすることができます。AI面から見るとロボ自体スマートではないですが、上部にとりつけたプロジェクターと外部コンピュータにより複雑な動きも可能

ロボットには正確性を求める一方で、相棒としてのロボットには失敗したり転んだり愛嬌のある部分も求めてしまう。贅沢でも、それが人の心ってもの。Boston Dynamicsの四つ足ロボや医療ロボが前者ならば、Zooidsは後者。

ワー!ヤー!ってな感じで、家の中でウロチョロしつつお手伝いしてくれたら愛らしい。虫がコンセプトのロボットだとしても、その見た目しだいではかなり可愛らしくなると思います。想像してください、ミニオンみたいな小さなロボが家にワチャワチャいるのを。…かわいいなぁ。

source: ACM Digital Library via TechCrunch

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(そうこ)